Menu
Close
Menu
目的別のダイエットサプリおすすめ3選
魔法のダイエット 価格:2,916円 公式サイトで詳しく見る>
メタバリアスリム 4,935円円(税込) 公式サイトで詳しく見る>
フォースコリー 価格:2,932円 公式サイトで詳しく見る>
おすすめのダイエットサプリの口コミ » 脂肪の吸収を抑える薬で市販されているものは? » ゼニカル

ゼニカル

ここでは、ゼニカルの効果や副作用について解説しています。ゼニカルの副作用に悩む人と効果を実感している人の口コミも載せているので、どんな評価があるのか確認してください。

Xenical(ゼニカル)
引用元:アイドラッグストアー HP
(https://www.idrugstore.jp/product/39155)
価格相場 5,180円

ゼニカルはどうして食欲抑制できるの?

ゼニカルは、オルリスタットを主成分とする食欲抑制剤です。オルリスタットには、リパーゼの活性を阻害して脂肪の吸収を30%前後抑制し、体外に排出する作用があります。アメリカでBMI 30~44の男女を対象に、食事制限と1日3度のオルリスタットを投与する治験を実施。1年後には1日オルリスタットを60mg摂取した方で7.92kg、120mg摂取の方で8.78kgの減量が見られました。

ゼニカルの副作用

ゼニカルの成分であるオルリスタットの副作用は、過剰な脂肪を含んだ脂肪便や、下痢の症状が出る場合があります。薬効により脂肪分が油となって排出され、下着を汚すことも。これらの副作用にかかる可能性は20%前後とされていますが、服用を続けると解消されることがほとんどです。しかし、あまりにも症状がひどい時は、ゼニカルの摂取を中止しましょう。脂肪に溶けやすいビタミンの吸収も阻害され、ビタミン不足になる可能性もあります。肌荒れの原因になるので、ビタミンを補給できるサプリメントで補うといいでしょう。

ゼニカルを服用している人の口コミ

ゼニカルの副作用に悩んでいる人

ゼニカルの効果を実感している人

ゼニカルを飲むには?

購入方法

ゼニカルはダイエット外来のある美容外科や、形成外科で肥満治療薬として処方されています。医薬品専門の通販サイトでも購入が可能です。

飲み方・服用の注意点

食事後から1時間以内に、水と一緒に飲みます。コレステロールの代謝が活発になる夕食後の服用が効果的でしょう。服用時は、製品に記載されている用法・用量を守ることが大切です。

ダイエット中のおやつの条件

ここではダイエット中のおやつの選び方や食べるタイミングについてまとめています。

ダイエットにおすすめのおやつの選び方

  1. 口をさびしくさせないおやつを選ぶ
    ガム・グミ・するめ・乾燥わかめなどが当てはまります。これらは長い時間噛んでいられるおやつなので、満福中枢を刺激することが可能。空腹を満たすことができます。
  2. 少量でお腹が満たされるおやつを選ぶ
    カカオチョコレートやアーモンドは比較的カロリーが高めですが、少ない量でお腹が満たされるおやつの代表。するめや寒天などもおすすめです。
  3. 美容系・サプリメーカーが開発したおやつ
    最近は、美容系メーカーやサプリメントメーカーが開発した、ダイエット用のおやつが販売されています。これらは低カロリー・低GIなものばかりなのでおすすめです。

「3時のおやつ」がもっともベストな時間

おやつを食べるなら午後3時が一番ベストな時間帯です。その理由を以下で説明しています。

脂肪をため込む細胞BMAL1遺伝子の活動が弱まっている

ダイエット中のおやつはカロリーばかりに目が行きがちですが、タイミングも重要。食べる時間を変えるだけで、太りにくくなるんです。その太りやすさと時間帯の関係性を証明するのが「BMAL1(ビーマルワン)」というもの。ビーマルワンは、生活リズムを整える役割がある遺伝子です。「夜になると眠くなり、朝になって起きる」といった体内時計のような役割を持っています。ビーマルワンが活発になるのは、起きてから約14~20時間後。朝7時に起きる人は、午後9時~午前3時頃になります。ビーマルワンは脂肪をため込む役割があるので、「夜食べると太りやすい」というのは、体内の栄養素をビーマルワンが脂肪に変えてしまうからです。ビーマルワンの活動が一番弱まっているのは、午後2~3時。その時間帯におやつを食べると、太りにくいと言われています。

血糖値をコントロールする膵臓(すいぞう)が活発なのは15時

よく「3時のおやつ」という言葉を耳にしますが、実は理にかなっています。甘いおやつを食べると血糖値が上昇。血糖値が急上昇すると、脂肪が付きやすくなる原因になります。血糖値をコントロールするのが膵臓です。1日の中で膵臓が活発に働く時間帯が午後3時だと言われています。つまりその時間帯におやつを食べることで、血糖値の上昇が抑えられるのです。

タンパク質が含まれているおやつがおすすめ

そもそもタンパク質とは

タンパク質は人間の身体の20%を占めている成分。筋肉・臓器・皮膚・髪の毛・爪・ホルモンなどはタンパク質によって構成されています。タンパク質が不足してしまうと筋肉量が低下。すると基礎代謝量が減ってしまいます。基礎代謝量が減ると、運動しても脂肪が燃焼しにくくなるという状態に。思うようなダイエット効果を得られなくなります。

タンパク質は腹持ちがいい

おかゆやパスタなどの炭水化物より、肉や魚などのタンパク質を食べるほうが、腹持ちがいいですよね。つまりおやつでもタンパク質が多いものを選べば、空腹感を満たすことができるはず。例えば、チーズ・ヨーグルト・豆乳・きなこ・ナッツなどが当てはまります。おやつを選ぶときは、タンパク質が多く含まれているかも参考にしましょう。

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会