Menu
Close
Menu
目的別のダイエットサプリおすすめ3選
魔法のダイエット 価格:2,916円 公式サイトで詳しく見る>
メタバリアスリム 4,935円円(税込) 公式サイトで詳しく見る>
フォースコリー 価格:2,932円 公式サイトで詳しく見る>
おすすめのダイエットサプリの口コミ » 脂肪の吸収を抑える薬で市販されているものは? » オベリット

オベリット

ここでは、ゼニカルのジェネリック医薬品であるオベリットの特徴や副作用についてまとめています。実際に服用した人の口コミも記載しているので、ぜひご一読ください。

オベリット
引用元:アイドラッグストアー HP
(https://www.idrugstore.jp/search)
価格相場 3,400円

オベリットはどうして食欲制限できるの?

海外で肥満治療薬として人気のあるゼニカルのジェネリックがオベリットです。有効成分はオリスタットで、1カプセルの中に60mg含んでいます。オリスタットを服用するとリパーゼの働きを阻害。リパーゼの活性を抑えることで、摂取した食事に含まれる脂肪を30%ほどカットします。そのため、減量効果を実感することが可能です。服用を始めて6ヵ月程度で感じられるので、継続して服用してください。運動と組み合わせることで、さらに効果を発揮します。

オベリットのリパーゼ活性疎外物質とは?

リパーゼは、体に取り込んだタンパク質を分解し、脂肪細胞の中に中性脂肪として貯蔵する働きを持っています。このリパーゼの働きを妨害する作用を持つのが、オベリットの有効成分であるオリスタットのリパーゼ活性疎外物質です。緑茶の成分やアントシアニン系色素 を含む食品(ブルーベリー・カシス・黒豆など)に含まれていることが分かっています。サプリメントに配合されていることもありますが、サプリだとリパーゼ活性の妨害は見られなかったという実験結果も。リパーゼ活性の妨害によるダイエットを行うなら、サプリメントよりも医薬品に頼るのが最も効果的です。

オベリットの副作用

オベリットは服用することで、油を含んだ便・便失禁・便秘・肌荒れといった副作用が起こるケースがあります。これらの副作用は、オベリットによってカットされた脂肪が原因で引き起こされることが多いです。中でも脂っぽい食事を摂った際に副作用の症状があらわれます。副作用は使用を中止するとなくなるので、我慢できない人は服用を控えましょう。

油を含んだ便

オベリットに吸収されなかた脂肪分が油を含んだ弁として排出されることにより生じる副作用です。ゼニカルを服用し始めてから3ヶ月以内に起こる場合が多くあります。症状が治まるまでは、紙おむつや尿取りパット、生理用ナプキンなどで対処すると良いでしょう。

便失禁

食事で摂取した脂肪のカロリーが全体の30%を超えた場合、便失禁や下痢などの副作用が起こりやすくなります。オベリットの効果によって排出される油の量が増えるのが理由です。オベリットを服用する場合は、1日の食事で摂る脂肪の量をなるべく均等にすることを心がけてください。

肌荒れ

オベリットを服用し続けると、ビタミンが不足する副作用が起こる場合があります。ゼニカルが脂肪の吸収を阻む過程で、脂肪とともに脂溶性ビタミン(A・D・E・K)をカットするのが原因のようです。ビタミンが不足すると、肌荒れや肌のカサつきなどが症状としてあらわれます。ゼニカルを継続使用するときは、ビタミンサプリメントの併用がおすすめです。ただし、ビタミンサプリは、ゼニカルを服用してから最低2時間の間隔を空けて飲んでください。

オベリットを服用している人の口コミ

オベリットの副作用に悩んでいる人

オベリットの効果を実感している人

オベリットを飲むには?

購入方法

オベリットは日本国内で認可されていないため、輸入代行業者を利用して購入する必要があります。

飲み方・服用の注意点

朝・昼・晩の食事後に、1錠ずつ服用します。脂肪分がない食事には効果がありません。服用する際は注意事項をきちんと確認しましょう。

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会