口コミと効果で選ぶおすすめダイエットサプリ » 低インシュリンダイエットで痩せる仕組みを調査 » チョコレートダイエットとは?痩せる理由と効果を口コミ調査!

チョコレートダイエットとは?痩せる理由と効果を口コミ調査!

チョコレートダイエットとは?

チョコレートダイエットとは、その名の通り「チョコレートを食べながら行うダイエット」のこと。

チョコレートのイメージは「ダイエットの大敵」。憧れのスリムボディーを目指して我慢しなきゃいけないのに…そんな甘い話ってある? そう思うのも当然ですが、実はチョコレートはダイエットの敵ではなく、それどころか最高の味方になってくれるんです!チョコレートダイエットにはこんなことが期待できます。

チョコレートダイエットに期待できる効果
  1. 血糖値をコントロールして食欲を抑えてくれる
  2. ポリフェノールが血流を促進し代謝アップ!
  3. 便通が良くなることでお腹スッキリ
  4. 肥満の大敵に勝つ!ストレス解消効果

美味しくて楽しくて、理想的なダイエット。そんなチョコレートダイエットのやり方やチョコの正しい選び方、ダイエットに使われる理由について見ていきましょう!

簡単手軽♪チョコレートダイエットの方法

手軽に始められることもチョコレートダイエットの魅力ですが、世の中にはいろいろなチョコレートがあります。大切なのは、チョコの種類選びです!

チョコレートダイエットにぴったりなチョコレートの種類は?

まずはチョコレートの種類について見ていきましょう。

ホワイトチョコレート

ココアバターにミルクや砂糖を加えたチョコレートがホワイトチョコレート。カカオが含まれていないため、茶色ではなく真っ白なことが特徴。カカオから採取した脂質成分であるカカオバターも含まれます。

ミルクチョコレート

乳製品を含むチョコレートがミルクチョコレート。市販のチョコレートのほとんどがミルクチョコレートであり、脱脂粉乳やクリームミルク粉などが含まれています。

ダークチョコレート

砂糖や乳製品の含有量が少ない、またはまったく含まれていない、カカオ成分40~60%のチョコレートをダークチョコレートと言います。ブラックチョコレート、スイートチョコレート、プレーンチョコレートなど、様々な名前で呼ばれ混乱する傾向もあります。

ダークチョコレートを選ぶときは、名称やイメージだけでなくカカオの含有量も確認しましょう。また、ココアバターや砂糖、乳製品が入っていても、ダークチョコレート(ビターチョコレート)と呼ばれることもあるので注意しましょう。

ハイカカオチョコレート

カカオの含有量が70%を超えるチョコレートです。ダークチョコレートよりもさらに苦みがあるのが特徴。ポリフェノールが強調されており、お菓子ではなく健康食品寄りのチョコレートと言えるでしょう。

低GIチョコレート

低GIとは血糖値が上昇しにくいということを指します。食べても糖吸収が穏やかで脂肪になりにくいのが特徴。ダイエット中でも安心して食べられるチョコレートで、コレステロールや糖質を気にする人におすすめ。薬局や病院などでも販売しています。

ローチョコレート

チョコレートは一般的にカカオマスによって発酵されカカオ種子が焙煎されますが、熱で失われたカカオの栄養価を摂取できるようになっていることがローチョコレートの特徴です。ローチョコレートはオーガニック系の専門店などで購入できます。

チョコレートダイエットのポイントはカカオ含有量と低GI!

チョコレートダイエットに適しているのはこれらの3種類です。カカオ含有量が多くなるほど、砂糖やココアバターといった脂肪に変わりやすい栄養素が少なくなる傾向があります。できればカカオ85%以上、チョコレートの独特な苦みが好きではない方はカカオ70%以上のダークチョコレートがおすすめです!

チョコレートを食べる量とタイミング

チョコレートを食べる量

約30gのダークチョコレートならば量として問題ありません。1日の目安としては板チョコ半分ほど。市販の板チョコレートは1枚50~70gほどです。

チョコレートを食べる回数は?

1日3回に分けて食べることが理想です。一度に板チョコを半分食べると、急激に血糖値が上昇してしまいます。急に血糖値が上がると、インスリンの作用で糖質が脂肪に変わりやすくなってしまうので、回数を分けることで血糖値の上昇を緩やかに抑えると良いでしょう。

チョコレートを食べるタイミングは?

朝食・昼食・夕食の前後でダークチョコレートを食べることがベターです。食前ならば10~20分前、食後はすぐ食べるのがおすすめです。食前でチョコレートを食べると血糖値が少し上がり満腹感を得られるため、食事の早食いや食べ過ぎを防げます。一方で食後にチョコレートを食べるのは、もう少し食べたくなったときや口恋しくなったときに食欲を抑制する効果があります。

中でもおすすめの時間帯は、午後3時前後。一般的に午後3時ごろは1日の中でも体温が高い時間帯だと言われています。さらに脂肪細胞の生成を促進させる「BMAL1」という物質の分泌が最も少なくなるのもこの時間帯。逆にBMAL1の分泌量が最も多くなる時間帯は午後10時~午前2時ごろなので、この時間帯は避けるようにしましょう。

チョコレートダイエット体験レポート!

ここまで見てきたように、チョコレートダイエットは簡単に始められるダイエット方法です。しかし、いくら手軽だからといっても効果がなければ意味がないのもまた事実。

こちらでは、実際にチョコレートダイエットを行った際の体験レポートの効果推移をご紹介。チョコレートダイエットを検討されている方はぜひチェックしてください!

体験レポートに使用したチョコレート

魔法のダイエット 商品名 魔法のダイエット(写真は魔法のダイエットPREMIUM DARK)
価格・内容量 1,944円(税込)・70g(ダーク・ミルク)、2,916円(税込)・70g(PREMIUM)
配合成分 カカオマス、マルチトール、ココアバター、レシチン(大豆由来)、コラーゲン(ダーク・ミルクのみ)、香料
使用方法 食事の前に2~3粒を目安に摂取。プレミアムは1~2粒。

今回はこちらの「魔法のダイエット」を食べて、チョコレートダイエットに挑戦しました。魔法のダイエットはカカオポリフェノールが豊富に含まれている低GI食品なので、チョコレートダイエットにもうってつけの商品です。コラーゲンも含有されているので、美容効果も期待できそうですね。

チョコレートダイエットに挑戦してくれたのは…

チョコレートダイエットに挑戦してくれたのは、チョコレート大好きな3児のママ・RINAさん。3人目の子どもが大きくなる前にキレイな自分を取り戻したい!とモニターへの意気込みを語ってくれました。

チョコレートダイエット体験者についてさらに詳しく!>>

チョコレートダイエット体験レポート【初日】

スタート時の体重をチェック!

初日の体重

スタート時の体重は…49.2キロ! 3ヶ月後にはどうなっているのか、注目ですね!

そのほか、魔法のダイエットを食べてみての気になる味・口あたりの感想や、今後の意気込みも語ってくれました。

チョコレートダイエット開始!初日についてさらに詳しく!>>

チョコレートダイエット体験レポート【1か月目】

1ヶ月経っての体重推移は…?

初日 1か月目
初日の体重 1ヶ月後の体重
-1.5kg!

1ヶ月でなんと-1.5kgを達成! 間食・食べ過ぎへの欲求を抑えることで、ダイエット効果は思っていたよりもすぐに出てくることがわかります。とはいえ、まだまだダイエット意識の高い1ヶ月目。ダイエットは継続することが大切なので、これからの体重推移にも注目ですね。

チョコレートダイエット開始から1ヶ月目の様子をさらに詳しく!>>

チョコレートダイエット体験レポート【3か月目】

3ヶ月経っての体重推移は…?

初日 1か月目 3か月目
初日の体重 1ヶ月後の体重 3ヶ月後の体重
-3.4kg!

チョコレートダイエットから3ヶ月経過…その結果は-3.4kg! 「チョコレートを食べるだけ」それでこの数字はすごいですね。3ヶ月経っての感想やこれまでの経緯について以下のページに詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

チョコレートダイエット開始から3ヶ月までの様子をさらに詳しく!>>

チョコレートダイエットの口コミを調査!

チョコレートダイエットのメカニズムや成分、おすすめのチョコレートを見てきましたが、本当に効果はあるのでしょうか? 美味しく楽しく、ストレスなく挑戦できるのがチョコレートダイエットの最大の魅力。はじめるハードルがとっても低いこともあり、たくさんの人がチャレンジしているようです。

実際にチョコレートダイエットを始めている人の口コミ・感想を調査しました!

女性も男性もチャレンジしているチョコレートダイエット

口コミを探してみると、女性だけでなく意外と男性もチョコレートダイエットを取り入れていました。ツラくないダイエットが人気を集めることに、性別は関係ないみたいですね♪

ダイエットにおすすめのチョコレート7選

こちらではチョコレートダイエットにおすすめの商品・ブランドを7つ厳選して紹介します。

チョコレートダイエットは急に効果が出るようなものではありません。成功の秘訣は、とにかくしっかりと続けること。チョコレートというよりは、サプリのような感覚で日々の生活習慣に取り入れることが大切です! サプリはなかなか長続きしない…という人でも、それがチョコレートとなれば苦にはならないですよね? カカオの含有量に着目して、お気に入りを見つけてください♪

魔法のダイエット

プレミアムダーク プレミアムミルク
画像参照元:魔法のダイエット
http://beauty.withus-corp.jp/magicaldiet/

チョコレートダイエットに最適! 「魔法のダイエット」は味も見た目もチョコレートそのものなのに、ダイエットに有効な成分がたっぷりと配合されている、新感覚ダイエットサプリメントです。

魔法のダイエット(ダーク)のカロリーと含有成分の特徴

カロリー(1gあたり) 含有成分の特徴
4.68kcal カカオポリフェノール配合
コラーゲン配合

GODIVAも御用達!バリーカレボー社のプレミアムショコラを100%使用

ダイエットチョコレートながらも「魔法のダイエット」は美味しさにもしっかりとこだわっています。ゴディバをはじめ多くの有名メーカーが使用している世界最高峰のチョコレートブランドである「バリーカレボー社」のプレミアムショコラを100%取り入れており、高級チョコレートにも負けない本格的な味わいと滑らかな口溶けが楽しめる高品質な仕上がりになっているのです。

せっかくのチョコレートダイエット。美味しく、楽しく続けていきたいですよね。

砂糖不使用で野菜と同等の低GIを実現

「魔法のダイエット」は砂糖を一切使用していない低GI食品なので、ダイエット中でも安心して美味しく食べられます。GI値は商品ごとに異なり、「プレミアムダーク」「ダーク」の2種類はなんとGI値26の低水準。この数値は野菜と同等の低さです。

また、健康・美容に良いとされる注目の成分「カカオポリフェノール」と「コラーゲン」がたっぷり配合されていることも特徴。デトックス効果やアンチエイジング効果、動脈硬化予防などあらゆる健康・美容効果が期待でき、「美」を意識する女性にとって嬉しい要素が満載です。

食事前に『甘くて悪い?』テレビCMでもおなじみですね!

チョコレート効果カカオ86%

チョコレート効果カカオ86%
画像参照元:株式会社 明治
http://catalog-p.meiji.co.jp/products/sweets/chocolate/010111/01002.html

多くのチョコレート商品を生み出してきた明治が手掛けるダイエットチョコレートの定番といえば、「チョコレート効果カカオ86%」です。

チョコレート効果カカオ86%のカロリーと含有成分の特徴

カロリー(1gあたり) 含有成分の特徴
5.78kcal カカオポリフェノール1900mg/1箱(70g)

ポリフェノールが豊富なバランスの良いダイエットチョコレート

美と健康を考慮したカカオ86%の本格ビターチョコレートで、ポリフェノールが1枚あたり147mgも含まれています。抗酸化作用によるアンチエイジング、肌のくすみやしわ、たるみなどの改善が期待できます。高カカオなので苦味が先行しますが、ほんのり甘みもあってバランスが良いと人気を集めるチョコレートです。

味に信頼のある明治!好みのカカオ感を選ぼう

明治といえば100年以上の歴史を持つ言わずと知れたお菓子の超大手メーカー。特にチョコレートは1926年から作り続けている企業を代表する商品の1つです。チョコ好きならば、板チョコは明治が1番!と決めている人もいますよね。「チョコレートカカオ」シリーズは、86%だけでなく72%、95%と全3種類!砂糖やココアバターも含まれているため、チョコとしての甘みも十分に感じられるはず。カカオの苦みにどうしても慣れない人はここから初めてみてもよいかも?自分好みの甘みを探してみてください!

カレ・ド・ショコラ カカオ88

カレ・ド・ショコラ カカオ88
画像参照元:森永製菓株式会社
http://www.morinaga.co.jp/products/detail.php?id=PRD2010-04-0016

森永製菓が発売するカレ・ド・ショコラシリーズのなかで最もハイカカオな「カレ・ド・ショコラ カカオ88」もチョコレートダイエットにぴったりの商品です!

カレ・ド・ショコラ カカオ88のカロリーと含有成分の特徴

カロリー(1gあたり) 含有成分の特徴
5.625kcal カカオポリフェノール2880mg/1箱(86g)

日本酒との相性も抜群?

独自の製造技術と手法を取り入れ、カカオ88%でありながらも雑味のないすっきりとした味わいを実現。キリリとしたカカオの芳醇な香りが特徴のカレ・ド・ショコラ カカオ88は日本酒との相性も抜群。日本酒きき酒師の赤星慶太さんお墨付きのチョコレートです。

カカオポリフェノールも1枚あたり160 mgと豊富に含まれており、美容効果も期待できます。

こだわりの「四角い形」が美味しさのヒケツ

カレ・ド・ショコラの四角い形には2つのこだわりが詰まっています。まず側面が断ち切りではなく傾斜になっている点。斜めすることで口に入れたときのあたりが柔らかくなり、口どけがより滑らかに感じます。サイズはちょうど一口に収まる大きさと厚みにカットされているため、口いっぱいに味わいが広がるようになっているとか。チョコとしてのおいしさを120%引き出す形状へのこだわりは人気の理由かもしれません。一つひとつが包装で包まれているため、保存しやすい点もポイントですね!

ドクターズチョコレート

ドクターズチョコレート
画像参照元:株式会社マザーレンカ
http://doctors-chocolate.com/product/

「ドクターズチョコレート」は、最高級のベルギーのチョコレートを100%使用し、独自の製造方法に従って日本人のお口に合うように仕上げたチョコレートサプリです。

ドクターズチョコレート(ノンシュガーダーク)のカロリーと含有成分の特徴

カロリー(1gあたり) 含有成分の特徴
4.76kcal カカオポリフェノール690mg/1袋(30g)

薬剤師・管理栄養士からも高評価!

GI値が低いのがドクターズチョコレートの魅力。市販のチョコレートのGI値は約90であるのに対して、ドクターズチョコレートはダークで 26、ミルクで36しかありません。そんな低GI食品のドクターズチョコレートは薬剤師・管理栄養士から高く評価されています。全国にある数多くの病院・調剤薬局で扱われています。

砂糖不使用・低GIのひみつは、マルチトールにあり

ドクターズチョコレートは砂糖を使わない代わりに「マルチトール」という砂糖よりもカロリー・GI値が低い甘味料が使われています。マルチトールはとうもろこしやジャガイモなどのでんぷんを元に作られている自然な甘さのため、多くのダイエット商品でも使われている甘味料です。砂糖の代わりに使うことで、健康的な数値を保ちつつもチョコレートの甘さを損ないません。マルチトール自体も遺伝子組み換えされていないヨーロッパ産のとうもろこしを使っているため安全性はバツグンですね。

おいしいハイカカオ72%

【販売中止(2018/7/18情報)】

おいしいハイカカオ72%
画像参照元:株式会社ロッテ
https://www.lotte.co.jp/products/brand/high-cacao/

上品な苦みのあるチョコレートを優しい甘さのチョコレートで包んだロッテの人気商品が「おいしいハイカカオ72%」です。

おいしいハイカカオ72%のカロリーと含有成分の特徴

カロリー(1gあたり) 含有成分の特徴
6.25kcal カカオポリフェノール1140mg/1袋(55g)

華やかな香りもワンポイント

カカオ分低めのさわやかな甘みを感じるドミニカ産のハイカカオチョコレートを、ガーナ産カカオ豆のチョコレートで包んだ2層のチョコレート。噛むと中のハイカカオチョコレートが顔を出し、苦味だけではない華やかな香りと甘味をプラスしています。ブロック状の一口サイズですが、一粒で満足感を得られるチョコレートです。一つずつ小袋に包装されているのところも、食べすぎ防止になるのでありがたい!

ビター感が薄い味わいがミルク派にも好印象

体においしいチョコに仕上げるにはカカオポリフェノールの量が重要。でもハイカカオを増やすほど苦みが強くなってしまいます。その悩みを解決し美味しく食べるための二階層です!口に入れたときの第一印象がミルク派の人にも受けています。カカオ72%とハイカカオでありながら「おいしい」にもこだわった高ポリフェノールのチョコレートです。最初の苦みが苦手な人はハイカカオ克服に使える一品かもしれません。

THE Chocolateコンフォートビター/エレガントビター

THE Chocolateコンフォートビター/エレガントビター
画像参照元:株式会社 明治
http://catalog-p.meiji.co.jp/products/sweets/chocolate/010135/01318.html

明治の人気シリーズ「THE Chocolate」のなかでも、カカオ70%とハイカカオなチョコレートが「コンフォートビター」と「エレガントビター」の2種類です。

THE Chocolateコンフォートビターのカロリーと含有成分の特徴

カロリー(1gあたり) 含有成分の特徴
6.12kcal ビフィズス菌BB536100億個配合/1箱(50g)

カカオならでは苦みと美味しさが口いっぱいに

コンフォートビターは、高温深煎りローストによってカカオの力強さとナッツのような香ばしい旨みが感じられるチョコレートです。一方エレガントビターは、カカオ本来のフルーティーな味わいと香りが特徴のチョコレート。どちらもほろ苦ビター風味に仕上げられており、カカオの本来の苦味と旨みが口いっぱいに広がります。

見た目も楽しめるおしゃれなチョコレートの新定番

THEチョコレートはパッケージの見た目から、チョコのカットまでこだわりぬかれたチョコレートシリーズです。カラフルでクラフトノートのような質感のパッケージは可愛いいと評判で、筆箱やスマホケースに改造されることも!?インスタグラムでは「#明治ザチョコレート」「#meijithechocolate」でパッケージに落書きをするのが大流行。板チョコ自体のデザインも凝っていて、1枚のチョコが4つのブロックに分かれています。それぞれ香りを楽しむ用、苦み軽減用、ミルクを感じる用と、チョコを楽しむために作られている徹底ぶりです。

LOOK Carre(ルック・カレ)カカオ70

LOOK Carre(ルック・カレ)カカオ70
画像参照元:株式会社不二家
https://www.fujiya-peko.co.jp/sweets/item/16154.html

洋菓子を得意とする老舗食品メーカー不二家の代表商品「LOOK Carre(ルック・カレ)カカオ70」もチョコレートダイエットにおすすめです。

LOOK Carreカカオ70のカロリーと含有成分の特徴

カロリー(1gあたり) 含有成分の特徴
6kcal カカオポリフェノール1128mg/1箱(57g)

濃すぎるチョコが苦手な人にぴったりの味わい

薄板状に作られたカカオ70%のチョコレートで、カカオ特有の苦味と香りに絶妙な甘さを加えることでバランスの良い仕上がりに。ほどよい酸味と口溶けの良さが、後味をさらにスッキリさせてくれます。「ビターチョコ好きだけど、濃すぎるのはちょっと…」という方におすすめのチョコレートです。カカオポリフェノールも1箱当たり1,128mg含まれているので、おいしく楽しみながら美容効果も期待できます。

4種類のカカオを不二家流にブレンドした特製チョコ

ルック・カレ・カカオ70の苦すぎない深い味わいのもとは、ブレンドした4種類のカカオ豆。エクアドル産・ベネズエラ産・ガーナ産・ドミニカ産と4か国でとれたカカオ豆を調整し、味に奥行きを出しています。さらに隠し味としてフランス産のダーククペールチュールチョコレートを使用。合計5か国のチョコが丁寧にブレンドされているのです。同シリーズには、ドライフルーツを使ったチョコレートもあり、お菓子を食べながら美容も意識したいという大人女子の要望にピッタリ!

チョコレートがダイエットに効果的な4つの理由

チョコレートがなぜダイエットに効果的なのか? その理由を4つのポイントから紹介していきます。

血糖値コントロールで食欲を抑制!

ダイエットを成功させるためには、食事量を抑えることが大切です。

空腹のメカニズムに関わっているのが「血糖値」。血糖値が上がると、脳の満腹中枢が刺激されて満腹感を覚えるのです。チョコレートを食べると血糖値が上昇するため満腹感を得られ、それだけで食欲を抑えることができるのです。

もちろん、チョコレートも摂りすぎは良くありません。適切な量を摂ることで上手に血糖値をコントロールし、過食を防ぐようにしましょう。

また、チョコレートには食欲抑制効果のあるテオブロミンも含有されています。テオブロミンとはチョコレートの苦味成分のこと。カカオの量が多くなるほど、テオブロミンの効果を得られます。

カカオは食物繊維が豊富

チョコレートの代表的な成分といえば「カカオ」です。 カカオには、リグニンやヘミセルロースと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれています。これらは不溶性の食物繊維で、水に溶けにくいことが特徴。チョコレートを食べるとそれら不溶性食物繊維が胃に入り、体内で水分を吸収し何十倍にも膨張するのです。胃が膨らむことで、食欲を抑える効果が期待できますね。

糖尿病予防にも効果が?

肝臓専門医である栗原毅医師の著書「チョコは糖尿病によく効く、ヘモグロビンA1cがこんなに下がった」では、チョコレートは糖尿病予防にも効果があると書かれています。

栗原医師は、数年前から糖尿病患者にチョコレートを奨励。すると多くの患者の身体から、糖尿病の発症に関わる「ヘモグロビンA1c」の数値が下がったそうです。「チョコレートに含まれる食物繊維とポリフェノールが関係している」と推測されています。

ポリフェノールが血流と代謝を改善!

ポリフェノールを摂取することで、血流が促進され血中脂肪も分解されやすくなります。チョコレートには、カカオポリフェノールが豊富に含有されているのです。

ポリフェノールとダイエットの関係性は?

体内を流れる血液中のコレステロールが酸化されると血管にダメージを与え、血液の流れが悪くなります。ポリフェノールには、このようなコレステロールの酸化を軽減する作用があるのです。ポリフェノールを摂取して血液が促進されると代謝がアップ。代謝が上がれば、カロリーが消費されやすくなり体重を減らすことにつながります。これがポリフェノールとダイエットのメカニズムです。

赤ワイン以上のポリフェノール含有量

チョコレート100gあたりのポリフェノール量は、ミルクチョコレートで6.8g、カカオ72%のビターチョコレートで17gです。カカオの含有量が多くなるほど、ポリフェノールも豊富に含まれます。

一方で赤ワインのポリフェノールは、100mlあたり0.3g。意外に思われるかもしれませんが、チョコレートに含有されるポリフェノールはワインよりも多いのです。

●参考:フォリン-チオカルト法による総ポリフェノール量の測定結果(mg/100g または mg/100ml)[注1]

  銘柄名 測定結果
チョコレート カカオの恵み 1800
チョコレート効果 1750
ガーナミルクチョコレート 850
カカオの恵み 850
赤ワイン マンズ・ヴォトル・サンテ 450
ボン・ルージュ 300
セレクション ドール カベルネ 250
ワイン カフェ カベルネ 250

実験で中性脂肪・コレステロールの低下が確認

太ったマウスにポリフェノールを与える実験でも、肥満を抑える効果が確認されています。

これは岩手大学大学院連合農学研究科・帯広畜産大学畜産学部畜産学会食料生産科学講座のメンバーらが行なった「シーベリー葉ポリフェノールによる高脂肪食投与雄マウスの抗肥満効果」という実験で証明されているものです。雄マウスに8週間ポリフェノールを投与したところ、中性脂肪やコレステロールが低下傾向を示しました。[注2]

便通改善でお腹スッキリ効果!

チョコレートの原材料であるカカオには便秘解消の効果も期待できます。カカオに含まれるポリフェノールには不溶性食物繊維が豊富に含有。チョコレートの摂取により腸の働きが活発になるのです。

またチョコレートにはカフェインも含まれており、ポリフェノールと同様、腸を活発にさせるための働きをしてくれます。

カカオプロテインも便通改善に有効!

チョコレートにはカカオプロテインという成分が含まれており、カカオポリフェノールと同様に便通改善効果が期待できます。

カカオプロテインとは、難消化性のタンパク質。そのため摂取後に小腸で消化吸収されず、そのまま大腸まで届きます。そして、大腸に到達したカカオプロテインが便通に作用するのです。カカオプロテインは腸内細菌のエサになるので、腸内環境を整える効果も期待できます。

こちらは大手お菓子メーカー明治と帝京大学で共同研究した「チョコレート摂取による腸内環境改善の探索的研究」での実験でも証明されています。[注3]

「痩せているのに便秘」ならカカオプロテインがおすすめ!

厚生労働省の「平成25年度・国民健康栄養調査報告書」には、20~30代女性の約6人に1人は痩せ気味の傾向があるというデータがあります。 若い女性のスリムボディーへの憧れは、1日のエネルギー摂取量を抑えるという行動につながっています。[注4]

これを言い換えると、現代の便秘症は食事量が少ないことに理由があり、その結果として便の量が減っているのです。「便を蓄積させない」という以前に「便のかさを増やす」ことが大切になります。痩せているのに便秘という方は、カカオプロテインを摂取してはいかがでしょうか。

チョコレートダイエットを成功に導くストレス解消効果!

チョコレートに含まれる苦み成分・テオブロミンには、ストレスを和らげる効果があります。 テオブロミンには、脳に分泌される幸せホルモン(セロトニン)の機能を助ける働きがあるので、心を安らげリラックスした気分に促すのです。

実際、ヨーロッパではチョコレートを食べて睡眠の質を上げる習慣もあるようです。チョコレートの香り自体にもリラックス効果があるので、日常生活で積極的に取り入れることをおすすめします。特に「仕事で忙しい」「緊張しやすい」という人はチョコレートを食べることによるリラックス効果が期待できます。

これは神戸松蔭女子学院大学人間科学部の坂井信之氏の「女子大学生におけるストレスの緩和における化学感覚刺激の効果」の研究でも明らかになっています。[注5]

大学生は、ストレスを感じたときにチョコレートを食べたり、コーヒーを飲んだりすることでストレス解消できると実感しているようです。ダイエット中にどうしても感じてしまうストレス。チョコレートダイエットなら、その心配もありませんね。

チョコレートに含まれているダイエット成分

チョコレートにはダイエットに嬉しい成分が豊富に含まれています。

成分ごとに、得られるダイエット効果を見ていきましょう!

カカオポリフェノール

ポリフェノールを摂取することで血流が促進され、血中脂肪が分解されやすくなりダイエット効果につながります。チョコレートにはカカオポリフェノールが豊富に含まれているのです。カカオポリフェノールはチョコレートやココアにも含まれており、チョコレートのやわらかな香りの源でもあります。カカオポリフェノールにはストレスを軽減し、日々の疲れやイライラを抑える効果もあります。ストレスは肥満の原因にもなるので、ダイエット中には嬉しい働きですね。

おすすめはビターチョコレート

カカオポリフェノールを摂取するなら、カカオの含有量が高いチョコレートを選ぶようにしましょう。チョコレート100gあたりのポリフェノール量は、ミルクチョコレートで6.8g、ビターチョコレート(カカオ72%)で17g。ビターチョコレートがおすすめですが、美味しいからといって食べすぎには注意してくださいね。

不溶性食物繊維

チョコレートの主原料であるカカオは、その4分の1が食物繊維。リグニン・ヘミセルロースという不溶性食物繊維が豊富に含まれているのが特徴です。

不溶性食物繊維を摂取すると、水分を吸収して胃の中で何十倍にも膨れ上がります。チョコレートを食べた結果として空腹が満たされるので、食欲を抑えることにつながるのです。腸の働きを活発にするのも不溶性食物繊維の特徴。不溶性食物繊維は体内で吸収されにくいので、そのまま便となって排出されます。便秘症の改善にも有効です。

さらに不溶性食物繊維が、肥満の大敵「コレステロール」の値を下げてくれます。コレステロールを多く含む食品を摂取すると、コレステロールを消化するために胆汁酸(たんじゅうさん)が分泌。胆汁酸の分泌がコレステロールの吸収を促進し、肥満を引き起こします。チョコレートに含まれるリグニンには、胆汁酸を吸い取りコレステロールをそのまま体外に排出する作用があります。

不溶性食物繊維のお通じ改善・抗肥満などの研究結果

アメリカの研究で、女性3327人の女性の食生活を調査。食物繊維摂取量が最も多いグループは、最も少ないグループと比べて便秘になる確率が36%も低くなることが分かっています。[注6]

食物繊維量と体重との相関関係を調べる研究で、20ヶ月間にわたり女性252人を追跡。食物繊維摂取量を1g増やすごとに体重が0.25kg減ったという結果が出ています。

脂肪分解酵素・リパーゼ

チョコレートにはリパーゼという脂肪分解酵素が含まれています。リパーゼとは肝臓で分泌される酵素。脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解して燃焼させる働きがあります。

チョコレートを食べるタイミングが大切

リパーゼが活発に分泌されるのは、空腹時と運動時です。そのタイミングを意識してチョコレートを食べると、より効果的に脂肪を燃焼させることができます。

空腹時には、すい臓からグルゴカンという物質が分泌されます。グルゴカンがリパーゼに働きかけることで、脂肪分解がさらに促進されます。

運動をするとアドレナリン・ノルアドレナリンというホルモンが分泌され、これらがリバーゼに働きかけて脂肪を分解してくれます。

各種ミネラル

チョコレートにはミネラルが豊富に含まれています。

学研が運営する健康サイト「FYTTE(フィッテ)」では、カカオに含まれるミネラルが太りにくい身体作りをサポートしてくれると記載されています。また、亜鉛を摂取することでダイエットに有効なホルモンであるレプチンの分泌を活発にする働きが期待できます。

ダイエットの味方・レプチン

レプチンはギリシャ語で、「leptos(レプトス)」といい、「細い」「痩せ」を意味する言葉です。レプチンは脂肪細胞から生成されるホルモンで、食欲の調整を行なう働きがあります。分かりやすく言うと「食べ過ぎだよ!もう食べないで!」と、脳に指令を出すホルモンです。つい食べ過ぎてしまう傾向がある人は、チョコレートを摂取することでレプチンの分泌を高めるとよさそうですね。

脂肪の燃焼を促進!

レプチンには、体内のエネルギー消費を促進させる働きも。「もっと身体のエネルギーを使って!」と筋肉や肝臓などに働きかけてくれ、代謝が活発になり脂肪燃焼を助けてくれるのです。

カフェイン

チョコレートにはカフェインも含まれています。 カフェインは眠気を覚ます成分として有名ですが、実はダイエットにも有効な成分なのです。カフェインにはリパーゼを活性化させる働きがあり、脂肪燃焼を促進する作用があります。

加えてカフェインには、褐色脂肪細胞を活性化させる働きも。褐色脂肪細胞とは、体内の余ったカロリーを消費してくれる細胞。つまり「痩せやすい体質」を作ってくれる働きがあるのです。

コーヒーと同等のカフェイン量

米国農務省が運営する「USDA食品組成データベース」の情報では、ダークチョコレート100g当たりに43mgのカフェインが入っていると記されています。ちなみにインスタントコーヒー100mlには約45mgのカフェインが含まれています。[注7]

ダイエットだけじゃない!チョコレートの美容効果

チョコレートはダイエット効果の高さだけではなく、美容効果も期待できると言われています。

「ニキビの原因」はウソ?チョコレートの美肌効果

「チョコレートを食べすぎると、ニキビができる」とよく耳にしますが、それは間違った情報かもしれません。米国食品医薬品局FDAからは、「ニキビと食事を関連づける科学的根拠はない」という見解も発表されているのです。

FDAとは、食品や医薬品、化粧品などの製品の安全性を厳格にチェックしている政府機関。日本でいうと、厚生労働省のような役割です。信頼性の高いFDAが、食事とニキビに関連性がないと示していることは嬉しいですね。この件は、アメリカのペンシルバニア大学の研究でも証明されています。

ニキビの本当の原因は、「糖質」「脂質」「食品添加物」を含む食品を摂取することで、皮脂が過剰分泌されること。糖質をたくさん摂りすぎると、皮膚が固くなり毛穴も詰まりやすくなります。食品添加物を食べすぎると体内で活性酸素が増加。皮脂を酸化させ皮膚を炎症させてしまうこともあるのです。糖質、脂質、食品添加物の摂りすぎには注意しましょう。

アンチエイジングに!チョコレートの抗酸化作用

チョコレートの主成分であるカカオポリフェノールには、アンチエイジングに効果的な抗酸化作用があります。

加齢やストレスなどを重ねると、活性酸素と呼ばれる身体のサビが体内に増えていきます。活性酸素の増加は、生活習慣病や肌の衰えの原因に。それを防ぐのが体内の抗酸化作用ですが、20代後半を超えると徐々に衰えてしまうのです。

身体の内側からキレイになれる!

チョコレートのカカオポリフェノールの含有量は、ポリフェノールの代表格である赤ワインの約2倍、紅茶の約45倍にもなります。

カカオポリフェノールを含むカカオ製品を12週間摂取したところ、肌の角質水分量の低下を防ぐ効果が確認されており、また紫外線を浴びて皮膚が赤くなる症状「紅斑形成」を抑える効果も報告されています。

さらに身体の内側で血行を促進する効果もあるので、冷え性予防やむくみ改善のサポートにも有効。血行が促進され、肌のキメが整い透明感アップにも期待できます。

チョコレートにはポリフェノール以外にも、ビタミンE・ナイアシンなどのビタミン類や豊富なミネラル群も含まれています。美容・美肌・アンチエイジング対策としても、ぜひチョコレートダイエットを試してみてはいかがでしょうか?

やっぱり気になる?チョコレートのカロリー

ダイエットに効果があるといっても、やっぱり気になるチョコレートのカロリー。チョコレートには色々な種類がありますが、カロリーが高いのはどれなのでしょうか?

意外!カロリーが高いのはハイカカオチョコレート

チョコレートの中でカロリーが高い種類は、チョコレートダイエットにもおすすめしているハイカカオチョコレートです。ハイカカオとはカカオマスの含有量が多いチョコレートのこと。砂糖やミルクがほとんど入っていないのでカロリーが一番低いと思われがちですが、実はそこが落とし穴。カカオマスは栄養豊富な植物性の油脂が多く含まれているため、カカオマスの含有量が多くなればなるほどカロリーが高くなってしまうのです。

ハイカカオチョコレートを食べるときの注意点

カロリーが高いハイカカオチョコレートですが、ダイエットや美容への効果が高いと言われています。その理由は、糖質の量が限りなくゼロに近いからです。糖質は摂りすぎると脂肪に変わり、新陳代謝の促進を妨げます。糖質ゼロの食物を摂り入れるのは、体重制限を行なう際に都合が良いのです。

ハイカカオチョコレートをダイエットに摂り入れる際は、食べる量に注意しましょう。ハイカカオチョコレート100g中のカロリーは592~655kcalと言われており、一食分のカロリーと同じくらいになります。脂質も40.7~53.5gと、30~49歳までの女性が1日に摂取するべき脂質と同量です。板チョコ1枚の重さは50~60gなので、ハイカカオチョコレートを食べるときは、1日に1、2かけら分を目安にすると良いでしょう。

原材料に書かれている植物油脂について

植物油脂は市販のチョコレートに表示されていることが多い原材料のこと。価格を抑えるため、くちどけを良くするためなどの目的で配合されています。この植物油脂、実は様々な面で問題視されているのです。

植物油脂は何が問題?

植物油脂が問題視されている理由がトランス脂肪酸です。トランス脂肪酸は植物油脂に少なからず含まれており「血中コレステロールを上げる」「活性酸素の増加を促進させる」「細胞を老化させる」「がんや動脈硬化、心臓疾患を引き起こすリスクが高いと言われています。

植物油脂が使用され続ける理由

体によくない成分と分かっていながら現在でも使用され続けているのは、カカオマスから抽出されるココアバターよりも安価で手に入り、安定的に調達できるという理由にあります。そのうえ種類が豊富で、チョコレートの味や香りによって使い分けられるという強みも。さらにココアバターよりも溶けにくいという点から、商品として売り場に出しても劣化しづらいというメリットがあります。

正しい植物油脂の知識を身につけてチョコレートを選ぶ

植物油脂にリスクがあることをお伝えしましたが、「だからといって絶対に食べてはいけない」というわけではありません。体に良くない成分であるという成分であることを知識として摂り入れておけば、チョコレートを選ぶ際に植物油脂が入っていないものを選ぶことができるでしょう。

チョコレートの本場ベルギーやフランスのチョコレートはココアバターで作られています。ココアバターもカカオマスから抽出する植物油脂。同じ植物油脂でもどう捉えるかでダイエットに最適なチョコレートにどれを選ぶかが変わってきます。植物油脂についての正しい知識を身につけたうえで、ダイエットに最適なチョコレートを賢く選べるようになると良いですね。

本記事の参照元サイト

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会