口コミと効果で選ぶおすすめダイエットサプリ » まる分かり!ダイエットサプリの種類一覧 » 腸内環境改善サプリ

腸内環境改善サプリ

腸内環境改善サプリに含まれている成分と、その働きについて詳しくまとめました。

腸内環境改善サプリの成分と特徴

腸内環境の改善とダイエットは密接な関係にあります。便秘などで腸内に老廃物が蓄積していると消化機能がダウンし、食べ物の消化・吸収スピードも低下。本来排出されるべき、余分な糖質・脂質までも吸収されてしまうことになります。

体内のめぐりを良くして新陳代謝を高めるためにも、腸内環境の改善は必須。そのために有効な腸内環境改善サプリには、どのような成分が含まれているのでしょうか?以下にまとめてみました。

乳酸菌・ビフィズス菌

腸内環境改善の代表成分といえば、乳酸菌・ビフィズス菌。ヨーグルトなどに含まれている善玉菌の一種です。常に腸内にあるものですが、加齢・ストレス・生活習慣の乱れによってその量が減少すると悪玉菌が増加。腸内環境が劣悪になり、便秘などのトラブルを引き起こします。

乳酸菌・ビフィズス菌は継続して摂取し、補うことが望ましいですが、胃液や消化液などの酸に弱いのがネック。サプリで乳酸菌を摂取するなら、生きて腸まで到達するものを利用しましょう。

食物繊維

便秘を解消する成分として、広く知られている食物繊維。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、それぞれ働きが異なります。

水溶性食物繊維は、腸内環境を悪化させる有害物質を吸着して体外へ排出するのが特徴。また、善玉菌のエサとなるため善玉菌を増やす効果もあります。

不溶性食物繊維は、腸内で水分を含むと数十倍に膨らむという特性があり、腸壁を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活性化。頑固な便秘を解消する働きが期待できます。

水溶性と不溶性の摂取バランスは、1:2が望ましいとされています。

サラシア

サラシアは、インド・スリランカなどに自生する植物です。善玉菌を活性化して腸内環境を改善する働きが高いとされており、その効果はビフィズス菌・オリゴ糖の5~10倍。

とある実験では、サラシアを1週間摂取することで腸内のビフィズス菌が約4倍に増加、悪玉菌であるクロストリジウムが約1/4まで減少したことが確認されています。

糖の吸収を抑制する効果もあるため、ダイエットの強い味方として注目を集める成分です。

ラクトフェリン

ラクトフェリンは、脱脂乳・乳清・ナチュラルチーズなどに含まれるタンパク質です。鉄分と結合するという性質を持っており、悪玉菌の増殖に必要な鉄分を吸収。悪玉菌の増殖を抑制し、乳酸菌・ビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きがあります。

体調に合わせて1日あたり100~600mgの摂取が目安。腸内環境を改善するためには継続して摂取するにようしましょう。

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会