口コミと効果で選ぶおすすめダイエットサプリ » まる分かり!ダイエットサプリの種類一覧 » 腸内環境改善サプリ

腸内環境改善サプリ

腸内環境改善サプリに含まれている成分と、その働きについて詳しくまとめました。

腸内環境改善サプリはどうやって選ぶ?

腸内環境改善サプリにも、様々な種類が存在します。そのため、どれを選べばいいのかわからない人もいるでしょう。ダイエットサプリごとの特徴と、選ぶときのポイントについてご紹介します。

複数の乳酸菌が入っているタイプ

腸内環境を整えてくれる乳酸菌は、ビフィズス菌やガゼイ菌、ブルガリア菌など様々な種類の乳酸菌が含まれています。人によって元々持っている腸内細菌の種類が違うため、どれが自分にとって相性の良いものかがわかりません。

相性のいい乳酸菌かどうかは、腸粘膜に存在するムチン層という組織に菌が定着するかどうかで決まります。この組織に定着しなければ善玉菌として機能することができないため、自分に必要な乳酸菌を補う必要があるのです。

複数の乳酸菌が入っているタイプであれば、相性の良し悪しがわからなくても効率的に必要なものを補うことが可能です。

オリゴ糖が配合されているタイプ

善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」が配合されたサプリを選ぶのもおすすめです。乳酸菌を摂取しても、ただ腸内に送るだけでは悪玉菌の威力に負けて消滅してしまう可能性があります。そのため、乳酸菌を生きたまま腸内に届けることが大事なのです。

乳酸菌を生きたまま腸内まで届けるには、乳酸菌が増えやすくなる難消化性デキストリンや、オリゴ糖が配合されたサプリを飲むのが最適です。

乳酸菌と一緒にこれらの成分を摂取する方法は「プレバイオティクス」と呼ばれており、腸内環境を整えるのに有効な手段であると言われています。

継続して服用しやすいタイプ

サプリや健康食品は、継続して摂取することでその効果を発揮することができます。そのため、習慣化しやすい要素が揃っていることもサプリを選ぶ上で重要なのです。

などの点に着目して選ぶといいでしょう。購入する前にお試しセットなどを利用してみると、実際の使用感を確認することができます。

1週間分のお試しセットではあまりわからないことが多いので、1ヵ月分のお試しセットを手頃な値段で注文できるサプリを試すのがおすすめです。

腸内環境改善サプリの成分と特徴

腸内環境の改善とダイエットは密接な関係にあります。便秘などで腸内に老廃物が蓄積していると消化機能がダウンし、食べ物の消化・吸収スピードも低下。本来排出されるべき、余分な糖質・脂質までも吸収されてしまうことになります。

体内のめぐりを良くして新陳代謝を高めるためにも、腸内環境の改善は必須。そのために有効な腸内環境改善サプリには、どのような成分が含まれているのでしょうか?以下にまとめてみました。

乳酸菌・ビフィズス菌

腸内環境改善の代表成分といえば、乳酸菌・ビフィズス菌。ヨーグルトなどに含まれている善玉菌の一種です。常に腸内にあるものですが、加齢・ストレス・生活習慣の乱れによってその量が減少すると悪玉菌が増加。腸内環境が劣悪になり、便秘などのトラブルを引き起こします。

乳酸菌・ビフィズス菌は継続して摂取し、補うことが望ましいですが、胃液や消化液などの酸に弱いのがネック。サプリで乳酸菌を摂取するなら、生きて腸まで到達するものを利用しましょう。

食物繊維

便秘を解消する成分として、広く知られている食物繊維。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、それぞれ働きが異なります。

水溶性食物繊維は、腸内環境を悪化させる有害物質を吸着して体外へ排出するのが特徴。また、善玉菌のエサとなるため善玉菌を増やす効果もあります。

不溶性食物繊維は、腸内で水分を含むと数十倍に膨らむという特性があり、腸壁を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活性化。頑固な便秘を解消する働きが期待できます。

水溶性と不溶性の摂取バランスは、1:2が望ましいとされています。

サラシア

サラシアは、インド・スリランカなどに自生する植物です。善玉菌を活性化して腸内環境を改善する働きが高いとされており、その効果はビフィズス菌・オリゴ糖の5~10倍。

とある実験では、サラシアを1週間摂取することで腸内のビフィズス菌が約4倍に増加、悪玉菌であるクロストリジウムが約1/4まで減少したことが確認されています。

糖の吸収を抑制する効果もあるため、ダイエットの強い味方として注目を集める成分です。

ラクトフェリン

ラクトフェリンは、脱脂乳・乳清・ナチュラルチーズなどに含まれるタンパク質です。鉄分と結合するという性質を持っており、悪玉菌の増殖に必要な鉄分を吸収。悪玉菌の増殖を抑制し、乳酸菌・ビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きがあります。

体調に合わせて1日あたり100~600mgの摂取が目安。腸内環境を改善するためには継続して摂取するにようしましょう。

腸内環境改善タイプの
ダイエットサプリが向いている人

腸内環境改善タイプのダイエットサプリは、便秘でお腹がぽっこり出てしまっている人におすすめです。

便秘で腸内環境が悪くなると、代謝機能も低下してしまいます。そのため、脂肪が溜まりやすくなって痩せにくく太りにくい体質になります。

腸内環境改善サプリには、「乳酸菌」や「ラクトフェリン」などの善玉菌を増やしてくれる成分が含まれていますので、腸内環境を整えて便秘を解消する効果があります。

便秘が解消されると、今まで便によって張っていたお腹が柔らかくなり、代謝機能も正常に戻ります。老廃物も体内に蓄積されないので、皮下脂肪が付きにくくなり、痩せやすい体質になれるのです。

正しい食事方法も大切!

腸内環境を整えるために欠かせないのが、食生活です。そこで、腸内環境を良くするために、普段の食生活で気を付けるべきポイントについて学んでいきましょう。

水溶性食物繊維を積極的に摂取する

腸内環境を整えるためには、水溶性食物繊維を含む食品を積極的に取ることがおすすめです。

食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の二種類があります。後者の場合は水に溶けない性質を持っているため、腸内で引っかかって便秘を引き起こす可能性があります。

そのような状態を避けるためにも、水に溶けやすい水溶性食物繊維を含む食品を取り入れることが大切なのです。

また、水溶性食物繊維を含む食品には海藻類、果物、キノコなどがあります。これらの食品を積極的に食べることで、体内の老廃物を外へと排出しやすくして腸内環境を整えてくれます。

ヨーグルトや漬物などの発酵食品を摂取する

ヨーグルトや漬物などの発酵食品には、豊富な乳酸菌が含まれています。特に漬物には、「植物性乳酸菌」と呼ばれる生命力が強い乳酸菌が入っているので、腸内環境を整えるのに効果的です。

しかし、発酵食品を自宅で手作りする際は注意が必要です。何故なら、自宅だとしっかりとした衛生管理ができず、身体へのリスクが高くなってしまうからです。

特にぬか漬けの場合は、ぬか床がカビが生えやすく、腸内環境が良くないときに食べると、そのカビが悪玉菌に変わりやすくなります。

また、酵母菌もカビと同じような作用があるので、腸内環境に負担となる可能性があります。ぬか漬けには酵母菌も含まれているため、尚更お腹の調子が良くないときには避けたほうがいいです。

ぬか漬けのほかにも、ビールやチーズ、甘酒、生みそなどの食品もお腹の調子が悪いときには控えたほうがいいです。しかし、どうしても食べたいというときは、調子が良くなるまで、市販のヨーグルトやキムチ、ザワークラフトなどの発酵食品を食べるようにしましょう。

お肉の摂取量を減らす

腸内に潜む悪玉菌のエサとなるのが、タンパク質や脂肪分です。そのため、脂肪分やタンパク質の多いお肉ばかりを食べていると、腸内環境が悪くなってしまいます。

これらの成分が腸内に溜まると有害物質が発生し、動脈硬化や高血圧、肌荒れ、便秘、下痢などの症状を引き起こしやすくなります。また、それだけでなく、お肉の食べ過ぎは癌(がん)の発症率を高める原因にもなりますので注意が必要です。

腸内環境を整えるなら、お肉中心の食生活を見直すことを心がけましょう。

ヨガやストレッチなどの軽い運動で
腸の調子を良くすることも重要

腸は「第二の脳」とも言われるほど、デリケートな臓器です。精神的なストレスを感じると大きく影響を受けやすく、いくら腸内環境が良くても便秘や下痢を引き起こすこともあるのです。

このような状態を避けるためには、適度にストレスを発散することが大事です。ヨガやスイミング、ストレッチなどの軽い運動を行うと、心も身体もスッキリさせることができるのでおすすめです。

また、過度な飲酒は控え、たまにファスティングをして胃の中をリセットすることも、腸内環境を整えるのに最適です。

適度な運動や生活習慣の改善をすることで、腸の働きが良くなるだけでなく、ダイエットにも繋がるので一石二鳥の効果が得られます。

腸の不調が続くなら
医療機関で診察を受けましょう

肌や身体の調子は、腸内環境によって左右されると言われるほど影響力を持っています。

特に病気ではないのにも関わらず上記のような症状が1週間以上見られる場合は、内科や消化器科などの医療機関を受診してみたほうがいいでしょう。

場合によっては癌(がん)などの重大な病気のサインになっている可能性もあります。気になる症状は放置をしておかず、医療機関で受診をして調べてもらうことが必要です。

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会