口コミと効果で選ぶおすすめダイエットサプリ » まる分かり!ダイエットサプリの種類一覧 » 基礎代謝向上系サプリ

基礎代謝向上系サプリ

L-カルニチン・カプサイシンなど、基礎代謝を上げるサプリメントに含まれる成分とその働きについて詳しく解説しています。

基礎代謝を上げるサプリの成分と特徴

基礎代謝とは、生命活動(呼吸・体温調節など)を維持するために必要なエネルギーのこと。1日のエネルギー消費量の約60%を占めており、基礎代謝が高ければ高いほど「太りにくく痩せやすい体質」に近づくことができます。

しかし、基礎代謝は年齢とともに低下していくため、とくに30~40代からは基礎代謝を上げる取り組みが必要。そこで役に立つのが、基礎代謝を上げるサプリメントです。

基礎代謝アップに必要な成分を積極的に補うことで、体脂肪が燃焼しやすい環境を作ることができます。そんな基礎代謝向上系サプリに含まれている主な成分は以下の通りです。

L-カルニチン

L-カルニチンは、牛肉の赤身・豚肉・マッシュルームなどに含まれるアミノ酸の一種。体内の脂肪燃焼を促し、エネルギーとして変える効果が期待できます。

特別な運動などをしなくてもL-カルニチンを摂取すれば数時間以内に脂肪燃焼が促進されるため、ダイエットの効率を高めるには欠かせない成分。日本人のL-カルニチンの1日あたりの平均摂取量は約75mgですが、200~500mgを継続的に摂取するのが望ましいとされています。

カプサイシン

カプサイシンは、とうがらしに含まれている辛み成分です。カプサイシンを摂取すると交感神経が刺激され、アドレナリンの分泌が活性化。血行が促進されて汗をかきやすくなったり、体温が上昇して代謝もアップします。

運動をプラスすることで脂肪燃焼効果も高まるので、ダイエットにはピッタリです。

酵素

酵素はもともと人体にあるタンパク質の一種で、生命活動(呼吸・体温維持など)に必要不可欠なもの。基礎代謝を司る重要な成分ですが、加齢や生活習慣の乱れからその量が減少すると、基礎代謝が低下してしまいます。

酵素は生野菜などに含まれていますが、食事から十分な量を摂取するのは難しいため、酵素を含むサプリの利用がおすすめです。

ショウガ

一般家庭でもおなじみのショウガは、風邪・冷え性に効く漢方薬としても有名。ショウガに含まれているジンゲロール・ショウガオールという成分には体を温める作用があり、代謝を活発にして発汗を促してくれます。

皮を剥かずに1日10~15gほど摂取するのが効果的ですが、継続できない方はサプリを上手に利用するのが賢明。

αリポ酸

αリポ酸は、食事で摂取した糖(ブドウ糖)や過剰な中性脂肪をエネルギーに変換するための補酵素。体内に十分な量のαリポ酸があると基礎代謝をキープできるため、太りにくく痩せやすい体質をつくることができます。

αリポ酸はレバー・緑黄色野菜などに含まれているため、食事や健康食品を利用してしっかり補いましょう。

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会