口コミと効果で選ぶおすすめダイエットサプリ » まる分かり!ダイエットサプリの種類一覧 » 基礎代謝向上系サプリ

基礎代謝向上系サプリ

L-カルニチン・カプサイシンなど、基礎代謝を上げるサプリメントに含まれる成分とその働きについて詳しく解説しています。

基礎代謝を上げるサプリの特徴

基礎代謝とは、生命活動(呼吸・体温調節など)を維持するために必要なエネルギーのこと。1日のエネルギー消費量の約60%を占めており、基礎代謝が高ければ高いほど「太りにくく痩せやすい体質」に近づくことができます。

しかし、基礎代謝は年齢とともに低下していくため、とくに30~40代からは基礎代謝を上げる取り組みが必要。そこで役に立つのが、基礎代謝を上げるサプリメントです。

代謝を上げる成分を積極的に補うことで、体脂肪が燃焼しやすい環境を作ることができます。そんな基礎代謝向上系サプリに含まれている主な成分は以下の通りです。

基礎代謝アップに有効な成分

L-カルニチン

L-カルニチンは、牛肉の赤身・豚肉・マッシュルームなどに含まれるアミノ酸の一種。体内の脂肪燃焼を促し、エネルギーとして変える効果が期待できます。

特別な運動などをしなくてもL-カルニチンを摂取すれば数時間以内に脂肪燃焼が促進されるため、ダイエットの効率を高めるには欠かせない成分。日本人のL-カルニチンの1日あたりの平均摂取量は約75mgですが、200~500mgを継続的に摂取するのが望ましいとされています。

カプサイシン

カプサイシンは、とうがらしに含まれている辛み成分です。カプサイシンを摂取すると交感神経が刺激され、アドレナリンの分泌が活性化。血行が促進されて汗をかきやすくなったり、体温が上昇して代謝もアップします。

運動をプラスすることで脂肪燃焼効果も高まるので、ダイエットにはピッタリです。

酵素

酵素はもともと人体にあるタンパク質の一種で、生命活動(呼吸・体温維持など)に必要不可欠なもの。基礎代謝を司る重要な成分ですが、加齢や生活習慣の乱れからその量が減少すると、基礎代謝が低下してしまいます。

なぜなら酵素は、基礎代謝が上がりやすいように体内環境を整えてくれる作用があるからです。食物の栄養を高めて消化吸収の働きをスムーズにし、エネルギーの消費をサポートしてくれます。

また、酵素を利用して発酵させた食物は、抗酸化作用も期待できると言われています。それにより、活性酸素の増加を防ぎ細胞を保護してくれるので、食物から得た栄養をスムーズにエネルギーへと変換することができるのです。

酵素は生野菜などに含まれていますが、食事から十分な量を摂取するのは難しいため、酵素を含むサプリの利用がおすすめです。

ショウガ

一般家庭でもおなじみのショウガは、風邪・冷え性に効く漢方薬としても有名。ショウガに含まれているジンゲロール・ショウガオールという成分には体を温める作用があり、代謝を活発にして発汗を促してくれます。

皮を剥かずに1日10~15gほど摂取するのが効果的ですが、継続できない方はサプリを上手に利用するのが賢明。

αリポ酸

αリポ酸は、食事で摂取した糖(ブドウ糖)や過剰な中性脂肪をエネルギーに変換するための補酵素。体内に十分な量のαリポ酸があると基礎代謝をキープできるため、太りにくく痩せやすい体質をつくることができます。

αリポ酸はレバー・緑黄色野菜などに含まれているため、食事や健康食品を利用してしっかり補いましょう。

アミノ酸

アミノ酸は、筋肉を発達させてくれる重要な役割を担っている成分です。また、運動をすることによって脂肪燃焼効果を高めてくれる作用もあります。運動と組み合わせて摂取することで、高いダイエット効果を発揮することができるでしょう。

アリシン

アリシンは、ニンニクやネギなどに含まれる「アリイン」という成分が元となってできたものです。体内でビタミンB1と結合することで、糖質の分解をスムーズにし、疲労回復や基礎代謝の向上に高い効果を発揮してくれます。

また、抗酸化作用もありますので、風邪や気管支炎などの症状を予防することもできます。

ジンゲロール

ジンゲロールは、ショウガや唐辛子などに含まれる成分のにひとつです。摂取することで身体が温まり血行が良くなるので、冷え性などの改善に効果的です。

また、殺菌作用や免疫細胞を活発にしてくれる働きなどもあるため、免疫力を高めることができるでしょう。

ビタミンE

ビタミンEはほうれん草やかぼちゃ、アーモンドなどに含まれる成分で、血中のコレステロール値を下げてくれる効果があります。

血液中の活性酸素を分解して動脈硬化の危険性を防いでくれるので、血管を健康的に保つことができます。血行が良くなることで、冷え性や肩こりなどの症状改善にも効果を発揮してくれます。

ダイエットサプリの効果がさらに上がる食品

ダイエットサプリの効果をしっかり発揮させるには、普段の食生活にも気を配ることが大事です。基礎代謝を上げるために効果的な食品は以下の通りです。

水を飲むと血流がよくなり、基礎代謝が高まります。実際、欧米の研究データでは、1日に水を2L飲む人とそうでない人とで「代謝力に30%も差が出た」という結果が出ているほどです。

また、水を飲むことによって満腹感を得られることから、食事の前に水を飲んで食べ過ぎないように抑制することも可能です。

緑茶

緑茶には、抗酸化作用のある「カテキン」という成分が含まれています。このカテキンには、基礎代謝を上げてくれる効果があるのです。

また、緑茶にはカロリーがないほか、1日2~4杯ほど飲むことで消費カロリーが50kcalプラスされたという研究結果も存在します。これが1ヵ月続くと、1,500kcalも多くカロリーを消費できることになりますので、ダイエットのお供に適しています。

生野菜

レタスやキャベツなどの生野菜には、酵素が含まれています。そのため、食べることで基礎代謝をアップさせることができるのです。しかし、加熱するとせっかくの酵素も死滅してしまうため、食べるときは生で食べるように心がけましょう。

また、食事をする際は最初に生野菜を食べるようにすることで、脂質の吸収を抑制することができます。食べ過ぎ防止にも繋がるため、ダイエットフードに向いています。

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会