口コミと効果で選ぶおすすめダイエットサプリ » 楽して痩せる方法 » 楽して痩せる 短期間

楽して痩せる 短期間

「夏までに痩せる」「結婚式までに痩せる」といった目標に向け、3カ月〜1カ月の短期間でのダイエットを行う女性が多いようです。短期間で痩せるために絶食するといった過酷なダイエットは主流ではなく、現代は科学的データなどに基づいた楽に痩せるダイエットに人気があるようです。そこで今回は、短期間でダイエットを成功させるポイントや、短期間でダイエットを行った時に考えられる危険性についてご紹介します。

短期間でダイエットを成功させるポイント

サプリメントと運動を併用する

脂肪燃焼系のサプリメントの多くは飲むだけで痩せるのではなく、運動との併用で脂肪燃焼を促進します。サプリメントを取る際は、ウォーキングやスクワットなどの軽い運動を行い、効率よく脂肪を燃焼させてメリハリのある体を目指すとよいでしょう。

体に不足している栄養素があると脂肪燃焼しにくいため、マルチビタミンを一緒に取るのもおすすめです。

運動をするタイミングを考える

「脂肪燃焼を促進させるのは空腹の状態であることと」いわれています。しかし、食後2時間後に30分間運動を実地した場合、空腹時と同じように脂肪燃焼が始まります。

空腹時運動群のRQは運動開始20分値,25分値がそれぞれ0.83±0.13,0.84±0.12であり3 群間で最も低値を示した.しかし,運動開始30分後では昼食後運動群が空腹時運動群と同じ値と なった. 空腹時運動群の血中FFA濃度は運動中に増加傾向を示した.昼食後運動群の血中 FFA濃度は安静時(0分)において朝食後運動群より低値であったが,運動開始後増加し,30分後 には朝食後運動群より高値となった. 以上の結果から,空腹時,朝食摂取2時間後,昼食摂取2 時間後の3条件において30分間運動を実施する場合,昼食摂取2時間後における運動開始30分 後に空腹時と同様に脂肪燃焼が亢進することが明らかとなった.

出典: (PDF)川崎医療福祉学会誌 Vol.10 No.2 2000 341 - 345:異なる運動実施時刻が脂肪燃焼に与える影響 (PDF)

食べ物が体の中にあるとそこからエネルギーが使われてしまうため、お腹いっぱいとなった直後は、体脂肪が燃焼し難くなります。

食べすぎた翌日や、食欲がない日は軽く食事を済ませることで、疲れた胃腸を休ませ、効率よく体脂肪を燃焼することが可能です。空腹後の食事はドカ食いにならないように気をつけましょう。

痩せやすい食事の順番を守る

同じ食事をしていても、食べる順によって、太りやすい体質を改善したり、痩せやすくしたりすることができます。人は、空腹時は特に、血糖値が上がりやすいものから口にしてしまうことが多くあります。正しくは「汁物→サラダ→タンパク質→ 炭水化物」の順に食事をすることで、肥満になるのを防ぐことができます。

最初に汁物を取ることで満腹感を得やすくなり、次にサラダなどの水溶性食物繊維を取ることで血糖値の上昇や脂肪の吸収を抑えることができます。3番目に骨や筋肉の元となる、肉や魚などのタンパク質、最後にご飯や麺類などの炭水化物を取るようにするとよいでしょう。

食事量は腹六部程度に抑え、一口につき20〜30回かむようにすることで満腹感が増し、消化も良くなるため痩せやすくなります。

しっかり睡眠を取る

起きている時の方が脂肪燃焼しやすいと思いがちですが、実はしっかり睡眠を取る方が効率よく痩せることができます。

睡眠中は成長ホルモンが分泌されるため、痩せやすくなるほか食欲を抑え、アンチエイジングの効果もあります。

脳下垂体前葉から分泌される成長ホルモン(growth hormone;GH)は,標的内分泌腺を持たず,全身の代謝調節に関与するホルモンである.その分泌は視床下部のGH分泌促進ホルモン(GRF)と分泌抑制ホルモン(GIF,somatostatin)によって調節されている.神経性の調節要因は視床下部で液性要因(ホルモン)に変換されてGH分泌を調節している.睡眠覚醒は中枢神経系の基本的な休息と活動の状態を示すものであって,これが内分泌系活動に影響を与えているのは不思議なことではない.これが最初に証明されたのが,著者らによるヒト睡眠時のGH分泌亢進の発見であった(1968年)1).これを契機として種々のホルモン分泌と睡眠との関係が次々と明らかにされ,ヒトではほとんど検討されつくした感があるが,このなかで睡眠との結びつきがもっとも強力なホルモンが,このGHである.

出典: 今月の主題 生体リズム:臨床検査 30巻8号 (1986年8月)

 

短期間でダイエットをする危険性

短期間でダイエットに成功しても、極端な減量は血糖値が下がりすぎてふらつきを起こしたり、精神的にイライラしたりといった危険性があります。

また、ダイエット時のフラストレーションが溜まり、ダイエット終了と同時に我慢していたものを一気に食べてしまい、簡単にリバウンドを起こすケースもあります。

ダイエット期間終了後もダイエット中の食生活を維持し続けながら、体形を維持し続けられるようしましょう。体重や体形のわずかな変化も、見逃さない姿勢が大切です。

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会