口コミと効果で選ぶおすすめダイエットサプリ » 楽して痩せる方法 » 楽して痩せる チョコレート

楽して痩せる チョコレート

甘くて美味しいチョコレートを食べて痩せれるなんて、夢みたいな話。本当なのでしょうか?チョコレートで痩せる理由と正しい食べ方を検証してみましょう。

チョコレートで楽して痩せる方法

チョコレートダイエットで最も重要なポイントは摂取するチョコレートの種類。

チョコレートの主原料はカカオです。

参考: 日本調理科学会大会研究発表要旨集:カカオ豆の発酵過程における味・香りに関する官能評価用語と嗜好の関係

ポフェノール

カカオにはポフェノールがたくさん含まれています。ポリフェノールには、動脈硬化予防、高血圧症予防、癌予防だけでなく、脂肪吸収阻害効能もあります。

参考: 一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集:ココア摂取が食餌性肥満ラットの体重および体脂肪減少に及ぼす影響

ポリフェノールの中でも特にフラボノイドを豊富に含むチョコレートは、強い心血管系疾患のリスク低減がみられます。

参考: 化学と生物 / 54 巻 (2016) 10 号:ポリフェノールパラドックス 生体利用性と機能性の矛盾

チョコレート摂取による軽度の高血圧患者の血圧の低下も明らかになっています。

参考: 化学と生物 / 54 巻 (2016) 10 号:ポリフェノールパラドックス 生体利用性と機能性の矛盾

ポリフェノールを含むチョコレートのような食品を摂取後,2~4時間の間に血管内皮機能が改善。血管内皮機能障害は高血圧,高脂血症,糖尿病,肥満,運動不足,喫煙などによって引き起こされるものであり、心筋梗塞や脳梗塞の原因です。慢性的な不摂生に起因する疾患の血管内皮機能障害を一過性はいえ、ポリフェノールの摂取で改善という驚きの報告も。

参考: 化学と生物 / 54 巻 (2016) 10 号:ポリフェノールパラドックス 生体利用性と機能性の矛盾

高ポリフェノール含有食品の栄養介入試験では血圧の低下やインシュリン感受 性の上昇などメタボリックシンドロームの改善効果が認められている。

出典:浦上財団研究報告書Vol.20 (2013:ポリフェノール類の求心性知覚神経を介したメタボリックシンドローム予防作用の解明_浦上財団研究報告書Vol.20(2013)

チョコレートを摂取することで 体重が減少することが報告されている。

出典: 浦上財団研究報告書 Vol.20(2013:ポリフェノール類の求心性知覚神経を介したメタボリックシンドローム予防作用の解明_浦上財団研究報告書Vol.20(2013)

そのため、カカオが十分含まれていないチョコレートはダイエットには向いていません。カカオには、他にもいろいろな有用成分が含まれています。

カカオバター

カカオ豆の果実中の種子の脂肪分のカカオバター。飽和脂肪酸のステアリン酸を多く含みます。

参考:藤女子大学 QOL研究所紀要:TheBulletinofStudiesonQOLandWell-Being,Vol.9,No.1,Mar.2014 :高脂肪食投与ラットにおけるカカオバターの摂取が脂質代謝へ 及ぼす影響

消化・吸収率の低下にも、大きく関係があることもわかっています。

参考: 藤女子大学 QOL研究所紀要:TheBulletinofStudiesonQOLandWell-Being,Vol.9,No.1,Mar.2014 :高脂肪食投与ラットにおけるカカオバターの摂取が脂質代謝へ 及ぼす影響

カカオバターを用いた食事は、LDL酸化感受性を低下させ、HDLコレステロー ル濃度を上昇させることを報告している。

出典: 藤女子大学 QOL研究所紀要:TheBulletinofStudiesonQOLandWell-Being,Vol.9,No.1,Mar.2014 :高脂肪食投与ラットにおけるカカオバターの摂取が脂質代謝へ 及ぼす影響_藤女子大学 QOL研究所紀要:TheBulletinofStudiesonQOLandWell-Being,Vol.9,No.1,Mar.2014

メタボリックシンドロームなど脂質異常症等の生活習慣病予防効果も期待されています。

参考: 藤女子大学 QOL研究所紀要:TheBulletinofStudiesonQOLandWell-Being,Vol.9,No.1,Mar.2014 :高脂肪食投与ラットにおけるカカオバターの摂取が脂質代謝へ 及ぼす影響

コレステロールを低下させることも。

参考: 藤女子大学 QOL研究所紀要:TheBulletinofStudiesonQOLandWell-Being,Vol.9,No.1,Mar.2014 :高脂肪食投与ラットにおけるカカオバターの摂取が脂質代謝へ 及ぼす影響

食物繊維

意外に思われるかもしれませんが、チョコレートにはたっぷり食物繊維が含まれています。食物繊維が腸に蓄積した老廃物を排出。腸内環境を改善し、便通をよくします。血圧低下作用や血清Chl上昇抑制作用も

参考: Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi Vol.46,No.9, 581•`586 (1999)〔報文〕58:カカオ豆食物繊維の高血圧自然発症ラットの血圧及び血清脂質への影響

食べ方

食事の20分前に1日50gを少しずつ分けて食べます。間食がやめられない方は、3食の食事+間食前の4回に分けて摂取。食欲を抑えてくれる効果があります。食前20分前のチョコレート摂取は、血糖値を上昇させ、満腹中枢を刺激。意識せずに、食欲を抑制できます。カカオ成分も効率よく体に取り組むことができます。コップ1杯の水を飲みながら食べるのがより効果的。

チョコレートで楽して痩せるメリット

ダイエットの大敵だと信じていた大好きなチョコレート。ダイエット中に食べてもOKどころか、痩身につながるなんて、チョコレート好きにも、甘い物好きにも、間食を我慢できない人にも大きなメリット。ダイエット中のジレンマを、チョコレートを間食することで解決できます。満足感が得られるため、食欲を抑えることも。

チョコレートで楽して痩せるデメリット

チョコレート摂取量は1日50gまで。この摂取量を超えてしまうと、効果は得られません。全てのチョコレートがOKというわけではなく、カカオが70%以上含まれている苦味の強いチョコレートのみにダイエット効果があります。食べるタイミンは食事の20分前などの制約も。即効性もありません。

痩身という目的の他に、健康な体を目指す人にもおすすめのチョコレートダイエット。動脈硬化予防、高血圧症予防、癌予防に加えて、脂肪吸収阻害効能なども期待できます。慢性的な不摂生を起因とする血管内皮機能障害を緩和することも。
ダイエットを繰り返す人の多くの人に見られるのはリバウンド。食事制限などの無理なダイエットによるリバウンドもありますが、ストレスによるリバウンドも。チョコレートには、リラックス成分のポリフェノールがたっぷり。ダイエット中のストレスを緩和しながら、美味しくダイエット!

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会