口コミと効果で選ぶおすすめダイエットサプリ » ダイエット中にお腹すいたらどうする?対処法マニュアル » 食べて痩せる?ダイエット中のおやつ

食べて痩せる?ダイエット中のおやつ

ダイエット中に食べてもOKなおやつ一覧、食べるタイミングなどについてまとめました。痩せるためにはおやつが重要な理由についても解説しています。

おやつで痩せる?
ダイエット中に食べてOKなおやつリスト

ここではダイエット中に食べてもOKなおやつをまとめています。

  カロリー(kcal) GI値 糖質
チョコレート 557kcal 91 51.5g
ナッツ 562kcal 28 4.7g
ドライフルーツ(バナナ) 86kcal 55 74.3g
さつまいも 132kcal 55 17.5g
寒天 154kcal 12 0.3 g
ヨーグルト 62kcal 25 4.9g
チーズ 339kcal 31 0.3g
するめ 100kcal - 0.4g
きなこ 34kcal 437 0.8g

※GI値は、空腹時摂取後15分~120分の血糖上昇率(ブドウ糖を100とした場合)[注1]

チョコレート

カカオに含まれるポリフェノールがダイエットに効果的

「チョコレートはダイエットに向いていない!」というイメージを持っている方は多いですが、実はその逆。チョコレートの主原料カカオに含まれるポリフェノールには、高い抗酸化作用があり、肥満の原因コレステロールの吸収緩和のほか、めぐりを改善して代謝を高める効果が期待できるのです。脂肪が燃焼しやすくなるので、ダイエット効果が得られます。

カロリー GI値 糖質
557 kcal 91 51.5

ナッツ

空腹感が満たされ脂肪燃焼にも効果アリ

ナッツは、ダイエット中のおやつに最適。主成分がタンパク質や食物繊維なので、腹持ちが良いところが魅力です。特にアーモンドに含まれているビタミンB2やビタミンE、オレイン酸などは代謝UPを促すため、脂肪の燃焼をサポートしてくれます。

カロリー GI値 糖質
562 kcal 28 4.7g

ドライフルーツ

少量で満腹感を得られるダイエット食品

生のフルーツを乾燥させたドライフルーツ。少量食べただけで血糖値が上昇するので、空腹感を得やすいおやつです。食物繊維も豊富で、便通を良くする効果も期待できます。ドライフルーツを選ぶ際は、糖分や油を使わずに加工したもの選びましょう。

カロリー GI値 糖質
86 kcal 55 74.3g

さつまいも

食物繊維が豊富!ただし食べ過ぎ注意

さつまいもは食物繊維が豊富。食物繊維は水分を吸収してお腹を膨らまし、余分な糖質や脂質を便と一緒に排出してくれます。ただし、糖質が多いので、食べ過ぎると逆に肥満の原因になるので注意してください。

カロリー GI値 糖質
132kcal 55 17.5g

寒天

低カロリーなのでいくら食べても太りにくい

寒天はカロリーが低いうえ、糖質も0.3gしか含まれておりません。そのためダイエット食品として有名です。海藻からできている寒天は、食物繊維がたくさん含まれています。スーパーやコンビニなどでリーズナブルに購入できるのも嬉しいポイントです。

カロリー GI値 糖質
154kcal 12 0.3 g

ヨーグルト

腸内環境を整え、代謝をアップさせる

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌が腸内環境を整えます。腸内環境が良くなると、代謝が上がり、脂肪燃焼をサポート。ヨーグルトは糖分が含まれていないプレーンを選ぶようにしましょう。どうしても甘さが欲しいときは、ドライフルーツを入れるのがおすすめでです。

カロリー GI値 糖質
62kcal 25 4.9g

チーズ

カロリーは高いが脂肪燃焼効果◎

チーズはカロリーが高いので、食べ過ぎはNG。しかしチーズには、脂肪燃焼効果のあるビタミンB群が含まれています。少量であれば、ダイエット効果期待大。また鉄分やカルシウムも摂取できるので、栄養面でも非常に優れています。

カロリー GI値 糖質
339kcal 31 0.3g

するめ

満腹中枢を刺激するならコレ

噛み応えのあるするめは、食べきるまでに時間がかかりますよね。食べている間に満腹中枢が刺激され、1~2切れ食べるだけで空腹感が満たされていくでしょう。

カロリー GI値 糖質
100kcal - 0.4g

きなこ

ダイエット中のおやつを、さらに美味しくするトッピング

きなこの原料は、大豆。材料はダイエット効果のある豆乳や豆腐と同じなので、同様の効果が期待できます。きなこをヨーグルトや寒天にかけることで、より美味しく食べることができます。

カロリー GI値 糖質
34kcal 437 0.8g

ダイエット中はむしろおやつを食べるべき!?

過度なダイエットは空腹になりやすい!?

過度なダイエットをすると、体が飢餓状態になりいつもより栄養を蓄えようとするため余計に太りやすくなってしまいます。摂取量を守れば、おやつを食べることはむしろダイエットの味方に!例えば、過度な糖質制限をすると、体内の血糖値は急激に下がってしまいます。血糖値の急な変化は、空腹の原因[注2]。空腹を感じにくくするためにも、ダイエット中はおやつを少しずつ食べたほうがgood。効率よく痩せるためのサポートをしてくれます。

血糖値の急上昇は、インシュリンの過剰分泌が原因

食事をとると、血液中にブドウ糖が増加。ブドウ糖が体内の細胞に運ばれると、エネルギーに変換されます。ブドウ糖を細胞に運ぶのはインシュリンと呼ばれるホルモンです。ドカ食いしたり糖分が多い食事を食べたりすることで、血糖値が急激に上昇。血糖値が急上昇すると、インシュリンが大量に分泌されるのです。インシュリンは血液中のブドウ糖をできるだけ運びだそうとしますが、細胞の数には限界があるので、余ったブドウ糖は脂肪として蓄えられてしまいます[注3]。そんなインシュリンの別名は「肥満ホルモン」。インシュリン分泌を過剰に分泌させないためには、血糖値を急変させない食事が重要だと言われています。

おやつで血糖値の上昇をゆるやかに!

血糖値の上昇をゆるやかにすれば、インシュリンの分泌量も抑えられます。つまり、脂肪細胞に蓄えられるブドウ糖の量が少なくなり、太りにくくなるのです。
血糖値の急上昇を抑えるためには、「1回に多くの量を食べないこと」が重要。間食におやつを食べることで、1回の食事量を減らすことができます。それが結果的に血糖値の急上昇を抑えてくれるのです。

低GI値のおやつを摂取しよう

GI値とはグリセミック・インデックの略で、血糖値の上昇スピードを数値化した指標です。GI値の低い食材を摂取すれば、血糖値が上がりにくくなり、インシュリンの分泌が抑制されます。

間食におやつがいいからといってGI値の高いものを食べてしまえば、血糖値は急上昇。おやつを選ぶときは、GI値の低いものを選ぶようにしてください。ただGI値が低いからといって、食べ過ぎるとカロリーオーバーになります。1回に食べる量をきちんと守って食べるようにしましょう。
オーストラリアのシドニー大学が定めたGI値の基準は、55以下の食材が低GI、56~69が中GI、GI値の70以上を高GIと定めています。

ダイエット中のおやつの条件

ここではダイエット中のおやつの選び方や食べるタイミングについてまとめています。

ダイエットにおすすめのおやつの選び方

  1. 口をさびしくさせないおやつを選ぶ
    ガム・グミ・するめ・乾燥わかめなどが当てはまります。これらは長い時間噛んでいられるおやつなので、満福中枢を刺激することが可能。空腹を満たすことができます。
  2. 少量でお腹が満たされるおやつを選ぶ
    カカオチョコレートやアーモンドは比較的カロリーが高めですが、少ない量でお腹が満たされるおやつの代表。するめや寒天などもおすすめです。
  3. 美容系・健康食品メーカーが開発したおやつ
    最近は、美容系メーカーやサプリメントメーカーが開発した、ダイエット用のおやつが販売されています。これらはコンビニやスーパーにあるお菓子よりも、当然ダイエット向きに開発されたもの。カロリーやGI値など、ダイエット中に注意すべき点をバッチリ抑えています。

「3時のおやつ」がもっともベストな時間

おやつを食べるなら午後3時が一番ベストな時間帯です。その理由を以下で説明しています。

脂肪をため込む細胞BMAL1遺伝子の活動が弱まっている

ダイエット中のおやつはカロリーばかりに目が行きがちですが、タイミングも重要。食べる時間を変えるだけで、太りにくくなるんです。その太りやすさと時間帯の関係性を証明するのが「BMAL1(ビーマルワン)」[注4]というもの。ビーマルワンは、生活リズムを整える役割がある遺伝子です。「夜になると眠くなり、朝になって起きる」といった体内時計のような役割を持っています。ビーマルワンが活発になるのは、起きてから約14~20時間後。朝7時に起きる人は、午後9時~午前3時頃になります。ビーマルワンは脂肪をため込む役割があるので、「夜食べると太りやすい」というのは、体内の栄養素をビーマルワンが脂肪に変えてしまうからです。ビーマルワンの活動が一番弱まっているのは、午後2~3時。その時間帯におやつを食べると、太りにくいと言われています。

膵臓(すいぞう)が活発な15時を狙え!

よく「3時のおやつ」という言葉を耳にしますが、実は理にかなっています。甘いおやつを食べると血糖値が上昇。血糖値が急上昇すると、脂肪が付きやすくなる原因になります。血糖値をコントロールするのが膵臓です。1日の中で膵臓が活発に働く時間帯が午後3時だと言われています。つまりその時間帯におやつを食べることで、血糖値の上昇が抑えられるのです。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献・脚注

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会