口コミと効果で選ぶおすすめダイエットサプリ » ダイエット中にお腹すいたらどうする?対処法マニュアル » 太らない飲み物

太らない飲み物

ダイエット中にお腹が空いたときの対策として、飲み物を飲んで空腹をしのぐ方法があります。ここでは、空腹時に選ぶべき「太らない飲み物」を代表的な6種類紹介し、ダイエット中の注意点をまとめました。「腹ペコをどうにかしたい」と悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

負担をかけずに胃の中を満たせる

水をたくさん飲むと空腹を抑えられるのは、胃の中が水で満たされるからです。特に空腹時は水分の吸収率が高く、水だけで満足感を得ることができます。胃の中に食べ物が入っていない状態であれば、胃は水分を吸収するためだけに働き、消化を邪魔することがありません。また、水は空っぽの胃に負担をかけない飲み物のため、空腹時に飲む物として最適です。

水を飲むときはタイミングに気を付ける

ダイエット目的で水を飲む場合には、飲むタイミングに気を付けましょう。食事の直前や最中に大量の水を摂取すると、胃が食べ物を消化する邪魔をしてしまいます。ベストなタイミングは起床してすぐ。1杯の水を飲むように心がけましょう。寝ている間に失った水分を補ってくれますし、胃の活動を促してくれます。

炭酸飲料

食事前のゴールデンタイムを利用

食事を取る5分~10分前、空腹になっているタイミングで炭酸飲料を飲みましょう。炭酸飲料を読むことで、胃の中に炭酸ガスが発生します。炭酸ガスで膨らんだ胃が満腹中枢を刺激するため、食べ過ぎを防いでくれるのです。

炭酸飲料自体にダイエット効果があるわけではない

炭酸飲料はあくまで食べ過ぎを抑えるだけなので、「炭酸飲料を飲んでいるから痩せられる!」と勘違いしてしまわないことです。特に、糖質などが大量に含まれる炭酸飲料の飲み過ぎは厳禁

コーヒー

脂肪の代謝をサポート

コーヒーに含まれているカフェインには、脂肪の代謝を活発にする働きがあります[注1]。昔は米食が主だった日本人の食生活ですが、最近では欧米型の高脂肪メニューが増えてきました。脂肪にアプローチしてくれるコーヒーは、洋食をよく食べる現代人にピッタリの飲み物だと言えます。

運動前のコーヒーには要注意

運動前に大量のコーヒーを飲んでしまうと、汗や尿と共に体に必要なビタミンやミネラルといった栄養素まで体の外に排出されるおそれがあります。運動前にはできるだけコーヒーは控えましょう。

青汁

空腹時は栄養素を吸収しやすい

栄養素を吸収しやすい空腹時にたくさんの栄養素が詰まった青汁を飲むことで、効率良く栄養補給ができます。とくに食事前のタイミングで飲むと血糖値の上昇がゆるやかになり、糖の吸収を抑えてくれますよ。

青汁の飲み過ぎには注意

身体に良いとされる青汁ですが、説明書やパッケージに記載されている1日の摂取目安量を超えないようにしなければいけません。青汁には食物繊維が豊富に含まれているため、人によってはお腹がゆるくなることがあります。

スムージー

腹持ちの良い成分が含まれている

スムージーの代表ともいえるグリーンスムージーには、腹持ちが良くなる成分の難消化性デキストリン[注2]や、グルコマンナンなどが入っています。そのため、置き換えダイエットにピッタリ。朝食や間食の代わりとして取る人が増えています。

無理な置き換えは禁物

食事と置き換えると言っても、これまで普通にご飯を食べていた人からすると急にスムージーだけに変えることは簡単ではありません。スムージーだけの時より摂取カロリーは高くなりますが、まずは主食や主菜代わりとしてメニューに取り入れてみましょう。

ハーブティー

ダイエットに最適な種類のハーブティーがある

ハーブティーのなかでも脂肪燃焼の効果が期待できるラズベリー[注3]や、満腹中枢を刺激する作用のあるセントジョーンズワートはダイエットに最適です。食前や空腹時に飲むことで、食べ過ぎを抑えてくれるでしょう。

すぐに効果が表れるわけではない

天然植物を煮出して作られるハーブティーには、薬のような即効性はありません。飲み始めてすぐにダイエット効果が出るわけではないので、1~3ヶ月ほどは飲み続ける必要があります。あくまで、空腹を抑えるための飲み物として取り入れるのが良いでしょう。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献・脚注

 

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会