口コミと効果で選ぶおすすめダイエットサプリ » ダイエット中にお腹すいたらどうする?対処法マニュアル » 空腹をごまかす動作

空腹をごまかす動作

「お腹は空いたけど、絶対に食べたくない!」と考えている人には、空腹をごまかすために脳をダマす動作をおすすめします。

水分補給

胃の中を水で満たして空腹感を得る

空腹時に水分補給をすると、胃が水分を吸収するためだけに働いてくれます。水分をたくさん吸収することで、食べ物を食べなくても多少の満腹感が得られるのでおすすめです。また、食事の30分前に水分補給をすれば、食事中のカロリー摂取を軽減してくれます。

歯を磨く

食べる行為を億劫にする効果がある

ダイエットをしているのにケーキを買ってしまったり、差し入れをもらったり…と食べ物に誘惑される状況は多々あります。そういう時には、1度歯を磨きましょう。歯を磨くと口の中がスッキリして、「せっかく歯を磨いたのに食べてしまったらまた磨かなきゃ…」という心理が働きます。この心理を利用すると、食べることを未然に防げるのです。

体を動かす

空腹を紛らわせながらカロリー消費

空腹時に体を動かすことは、やはりダイエットに最適。人の体は食事などエネルギーを摂取していない状態で運動すると、予備として貯蔵している体のエネルギー=体脂肪を消費しようとします。また、単純に空腹感を紛らわせることもできるため、我慢しているイライラや過食などの防止にも役立つでしょう。

過度な運動ではなく軽いもの

空腹時には激しい運動は控えて、15~20分程度のウォーキングやジョギング程度に留めておきましょう。空腹感に襲われたら「その場ダッシュ」をしてごまかすという方法もあり!

何か咀嚼する

満腹中枢を刺激して食欲をコントロール

空腹をごまかす動作として、顎を使って何かを咀嚼するのも1つの方法です。物を噛むと、食欲をコントロールする器官である満腹中枢が働いて、あまり食べ物を食べなくてもお腹が満たされたという感覚になります。

ガムよりも硬いものがおすすめ

咀嚼をして空腹感をごまかすには、硬いものを噛むのが効果的です。噛む回数を増やすことで満腹中枢が刺激されます。ガムやグミといった柔らかいものでも効果は得られますが、硬いものの方がより一層強い満腹感が得られます[注1]

ツボ押し

ニセ空腹を撃退

脳は目の前にある食べ物の匂いや形、色から「美味しそう!」と判断して空腹を感じます。つまり、実際にはお腹が空いていなくても、食欲が出てきてしまうのです。このニセ空腹には、ツボ押しが効果的と言われています。

飢点押しで食欲減退

1番効果があると言われている、食欲を自然に抑制するツボがあります。耳の穴より前の三角形をした軟骨部分で、飢点(きてん)というツボです。トラガスとも呼びます。親指と人差し指でつまみ、引っ張ったり押したりして刺激しましょう。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献・脚注

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会