口コミと効果で選ぶおすすめダイエットサプリ » 食欲を抑える薬で市販されているものは?

食欲を抑える薬で市販されているものは?

食欲を抑えることでダイエットをサポートする薬のなかには、クリニックから処方される薬以外に市販されているものがあります。ここでは、副作用の危険性から今では販売されていない食欲抑制剤や厚生労働省から認可を受けている薬剤を紹介。服用の際に気を付けるべきポイントや世界各国の厚生労働省の取り組みなどについても解説しています。

いま、通販サイトで購入できる薬はコレ

リデュース

リデュースとは通販サイトで購入できる食欲抑制剤です。一般的な価格相場は3,400~4,000円弱。リデュースの主な成分であるシブトラミンが、脳の神経物質であるノルアドレナリンやセロトニンの分泌を促進することにより食欲を抑えます。

日本では未承認の薬剤のため、海外からの個人輸入代行サイトなどを経由しての購入が可能です。1997年にFDA(アメリカ食品医薬品局)から認可も受けています。ただし、リデュースを服用して副作用が出たという報告もあり、使用する場合は自己責任になるので注意が必要です。

リデュースの副作用

食欲抑制剤であるリデュースを服用したことによって、心拍や血圧が上昇したという報告があります。しかし、これは抗結核薬であるイソニアジドや、パーキンソン病治療薬のセレゲリンと併用したことにより、シブトラミンが分解されたことが原因のようです。しかしそれ以外にも、重い障害が出たという例もあります。

安全な食欲抑制剤はある?
医療機関で処方される薬

サレノックス

空腹感を我慢する薬として厚生労働省から唯一認可を受けているのが、サノレックスという摂食中枢を刺激する内服薬です。

昼食の1時間前に服用することで、昼食時の食欲を抑えてくれます。初めの頃は1日1粒から服用。最長で3ヶ月以内と服用期間が決まっているため、用法用量を守って正しく服用しましょう。

サレノックスの副作用

サレノックスを服用する際には、薬を飲むタイミングに気を付けなければいけません。夕方以降に服用すると睡眠障害を誘発する可能性があります。

また、アルコールとの相性が悪いため、同じタイミングでの服用はやめましょう。めまいや眠気といった副作用が悪化するおそれがあります。そのほかにものどの渇きや便秘、吐き気などの副作用の報告もある薬品です。

食欲を抑える薬の危険性

副作用まで考えた服用が大事!

個人輸入品による食欲抑制剤は通販などで比較的手軽に購入できますが、その分危険も伴います。

アメリカFDAでは肥満抑制薬として許可を受けている成分のシブトラミンも、日本では未承認の薬品です。副作用が報告されている成分でもあるので、使用の際には細心の注意を払う必要があります。

シブトラミンを含むサプリメントを摂取して副作用と思われる症状が起きた例も。甲状腺機能低下症を患ったことのある26歳のイスラエル人女性がダイエットの目的で、シブトラミン・フェノールフタレイン・アロエエモジンが含まれているサプリメントを服用。2週間ほど摂取し続けたところ幻覚や顔面の紅潮、めまい、異常行動などが生じたそうです。幸い、この女性は治療により快復しました。

薬が不安な人は、まずサプリメントで

なかなか思うように体重が減らず苦しい思いを強いられていても、リスクを考えずにダイエットに臨むのはおすすめできません。「薬が不安・副作用が怖い…でも簡単に痩せる方法がいい」という方には、サプリメントがおすすめです。サプリメントの中でも安全性を重視して、日本で製造・販売されているものを選ぶと良いでしょう。

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会