口コミと効果で選ぶおすすめダイエットサプリ » 食欲を抑える薬で市販されているものは?

食欲を抑える薬で市販されているものは?

食欲を抑えることでダイエットをサポートする薬のなかには、クリニックから処方される薬以外に市販されているものがあります。ここでは、副作用の危険性から今では販売されていない食欲抑制剤や厚生労働省から認可を受けている薬剤を紹介。服用の際に気を付けるべきポイントや世界各国の厚生労働省の取り組みなどについても解説しています。

いま、通販サイトで購入できる薬はコレ

リデュース

リデュースとは通販サイトで購入できる食欲抑制剤です。一般的な価格相場は3,400~4,000円弱。リデュースの主な成分であるシブトラミンが、脳の神経物質であるノルアドレナリンやセロトニンの分泌を促進することにより食欲を抑えます。

日本では未承認の薬剤のため、海外からの個人輸入代行サイトなどを経由しての購入が可能です。1997年にFDA(アメリカ食品医薬品局)から認可も受けています。ただし、リデュースを服用して副作用が出たという報告もあり、使用する場合は自己責任になるので注意が必要です。

リデュースの副作用

食欲抑制剤であるリデュースを服用したことによって、心拍や血圧が上昇したという報告があります。しかし、これは抗結核薬であるイソニアジドや、パーキンソン病治療薬のセレゲリンと併用したことにより、シブトラミンが分解されたことが原因のようです。しかしそれ以外にも、重い障害が出たという例もあります。

安全な食欲抑制剤はある?
医療機関で処方される薬

サレノックス

空腹感を我慢する薬として厚生労働省から唯一認可を受けているのが、サノレックスという摂食中枢を刺激する内服薬です。

昼食の1時間前に服用することで、昼食時の食欲を抑えてくれます。初めの頃は1日1粒から服用。最長で3ヶ月以内と服用期間が決まっているため、用法用量を守って正しく服用しましょう。

サレノックスの副作用

サレノックスを服用する際には、薬を飲むタイミングに気を付けなければいけません。夕方以降に服用すると睡眠障害を誘発する可能性があります。

また、アルコールとの相性が悪いため、同じタイミングでの服用はやめましょう。めまいや眠気といった副作用が悪化するおそれがあります。そのほかにものどの渇きや便秘、吐き気などの副作用の報告もある薬品です。

食欲を抑える薬の危険性

副作用まで考えた服用が大事!

個人輸入品による食欲抑制剤は通販などで比較的手軽に購入できますが、その分危険も伴います。

アメリカFDAでは肥満抑制薬として許可を受けている成分のシブトラミンも、日本では未承認の薬品です。副作用が報告されている成分でもあるので、使用の際には細心の注意を払う必要があります。

シブトラミンを含むサプリメントを摂取して副作用と思われる症状が起きた例も。甲状腺機能低下症を患ったことのある26歳のイスラエル人女性がダイエットの目的で、シブトラミン・フェノールフタレイン・アロエエモジンが含まれているサプリメントを服用。2週間ほど摂取し続けたところ幻覚や顔面の紅潮、めまい、異常行動などが生じたそうです。幸い、この女性は治療により快復しました。

薬が不安な人は、まずサプリメントで

なかなか思うように体重が減らず苦しい思いを強いられていても、リスクを考えずにダイエットに臨むのはおすすめできません。「薬が不安・副作用が怖い…でも簡単に痩せる方法がいい」という方には、サプリメントがおすすめです。サプリメントの中でも安全性を重視して、日本で製造・販売されているものを選ぶと良いでしょう。

販売中止・回収になった食欲を抑える薬

食欲抑制剤やダイエット薬と呼ばれる薬の中には、危険性が叫ばれ販売中止や製品の回収に踏み切ったものもあります。ここでは、それらの薬品について紹介します。

リダクティル(メリディア)

以前に流通していたのですが、現在では販売中止になったダイエット薬の1つがリダクティル(メリディア)です。ヨーロッパとアメリカで製品名が違うのですが、ここではリダクティルとご紹介します。

リダクティルは、心臓や血管系にリスクのある人が服用した場合に危険性が出る薬として、2010年頃を最後に販売中止になりました[注1]米国FDA、カナダ保険省によるメリディアに関する臨床試験データで、心臓発作、卒中のリスクが高まることが判明し、企業が自主回収することに[注2]

リダクティルの主成分であったシブトラミンが含有されている食欲抑制剤はほかにも種類があり、現在でも出回っています。使用する場合でも、自分自身の体調を医師に相談して臨みましょう。

オベスタット

シブトラミンを主成分とした食欲抑制剤の1つで、オベスタットという薬品がありました。インターネット上で2008年頃まで人気があり、海外の薬を扱っているサイトの売れ筋商品として常にランクインしていたほどです。

オベスタットには食欲抑制の強い効果が出る反面、頭痛などの副作用も多く報告されていました。また、目が覚める効果もあり、夜に飲むと眠れなくなる作用もあったそうです。6ヵ月の臨床試験では6~10キロの体重減少が認められましたが、セロトニンをはじめとする抗うつ薬との併用ができないという注意点もあります。

KES524

日本国内で開発されたKES524という肥満症治療薬があります。エーザイ株式会社が製造販売承認を申請していた薬品[注3]で、当時は世界83ヵ国で承認を受けていました。

主な副作用としては便秘や口内の乾燥、心拍数の増加などが見られましたが、当初は軽度か中等度ということであまり問題視されていなかったようです。しかしその後、エーザイ株式会社は2010年には販売申請の取り下げと開発中止を発表[注4]。アメリカやヨーロッパで薬品の販売を行なっているアボット社の販売中止を受け、日本のエーザイ株式会社が後を追うように販売を中止しています。

市販の薬を探すときに注意すべきこと

「ジェネリック=安心」は間違い

国内で販売されている薬の中で、注意をしなければいけないものもあります。よく耳にするジェネリック医薬品というものは、ただ単に後発医薬品として扱われるだけで安全性が保証されているわけではありません。

食欲抑制剤に含まれるシブトラミンのジェネリック医薬品としてはObestat(オベスタット)、Leptos(レプトス)、Sibutrex(シブトレックス)、曲美などが知られています。「後発医薬品は先発の医薬品の安全性が保証されているから製造されているのではない」という点に注意しましょう。

各国省庁による発表を見るべし

アメリカには保健・福祉省に属するFDAという機関があります。食品や薬品を中心に、化粧品や玩具、タバコなど消費者が接する機会が多い製品の認可や違反の取り締まりを行なう機関です。2011年に成立した食品安全強化法によって、食品のリコール発令や輸入食品の監督など、前身となる農務省化学局よりも権限が強化されました。

TGAと呼ばれるオーストラリアの保健省薬品・医薬品行政局では、治療に効果のある医薬品やサプリメントの安全性、品質管理を行なっています。TAGは製品の認可後でも常に抜き打ちで製品の検査を行なうなど、製品の品質と安全を強く追及することで知られてもいる機関です。

中国の特別行政区である香港衛生署は、健康食品に医薬成分が配合されている製品による健康被害について、調査や分析を行ないます。

シンガポールの保健省傘下である健康科学庁(Health Science Authority: HSA)は、健康サプリメントや漢方薬、医薬品、化粧品、医療機器などを監督下に置き、安全品質基準を含むガイドラインを策定している機関です。ただし、サプリメントの輸入や販売、製造について免許要件や製品登録を義務付けているわけではなく、輸入業者等取扱事業者の自主管理に委ねている部分があります。

各国で注意喚起されている製品例

各国で注意喚起されている商品を5例紹介します。日本ではダイエット目的の処方薬としてタイ製の「ホスピタルダイエット」や「MDクリニックダイエット」と称される製品の注意喚起が行なわれました。

シブトラミン

引用元:「健康食品」の安全性・有効性情報HP
(http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail3605.html)

香港衛生署では医薬品成分であるシブトラミンとフェノールフタレインを含む「明星靚身 (SIN DEN SLIMMING)」と「纖塑減肥胶囊」2製品の使用をしないように、注意喚起を促しています。

明星靚身 (SIN DEN SLIMMING)纖塑減肥胶囊 (英語名表記なし)

引用元:「健康食品」の安全性・有効性情報HP
(https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail3542.html)

オーストラリアTGAからは「Herbal Max Real Slim Capsules」と「Majestic African Mango capsules」の2製品に対して、2017年に注意喚起が行なわれました。

Herbal Max Real Slim CapsulesMajestic African Mango capsules

引用元:「健康食品」の安全性・有効性情報HP
(http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail3549.html)

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献・脚注

ダイエットチョコレート食べ比べ試食会